燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
生態学研究交流会で発表された講演は7題。

DVC10002.jpg

一題ごとの発表時間15分の質疑応答5分、計20分で回しましたが・・・もう少し質疑応答の時間を多くとっても良かったのかもしれない。
もっともっと議論がしたかったというのは欲張りか?
そうなると、時間のほうが…
まぁ、交流がメインと考えるのなら、これぐらいでよかったのかも。

演題一覧
ブナ(Fagus crenata)の花粉を介した遺伝子流動とそれに影響した環境要因. 花岡創.
核マイクロサテライトによって明らかにされた日本海型および太平洋型ブナ林における集団間分化. 平岡宏一.
カラマツ天然林集団における核マイクロサテライト変異. マルディア・ラーマ.
ソメイヨシノを母樹としたサクラ野生種との遺伝子流動に影響する要因. 石川啓明.
絶滅危惧種マメナシにおける遺伝的構造の解明. 今井淳.
分子生態学的手法を用いたササのクローン構造と生活史特性の解明. 松尾歩.
シデコブシ集団における交配様式構造(mating structure)の研究. 玉木一郎
▽Open more.
そりゃ、綺麗なキャンパス見てもらいたいわな。
中身ももちろん重要だけど、外見もすっきりさっぱり…ということで、今日、キャンパスの清掃?(草むしり)でした。

もぉね、

思いっきりサボってしまいました!!
ごめんなさい。。。

言い訳するとね、はじめ17時からと聞いていたんですよね。
「おそらく17時からだと思うが、確認します」といった意の張り紙は読んでいたのですが、自分で確認せず、17時からと思い込んでいました。
ふたを開けたら、16時からで…
ちょっとお出かけから帰ってきてみれば、ことはもう終わっていましたとさ。。。
はい、いいわけです。

▽Open more.
タイトル、ラベンダー畑に見えるかも(^^ゞ

まぁそんなラベンダーは今年購入していませんが、またローズマリーの苗を買いました。
かつ、今年は種子蒔いてバジルとタイムを栽培中。



夏の収穫が楽しみです。

コナラ以外にもいろいろ増殖中ですわ。

DVC00016_070724M.jpg

いやぁ~、もぉ、最高だね!!!

今年も男子の決勝戦はほんと良かった。
いや、今年のほうが、凄まじかったかもしれない。

昨年に比べ、大きく成長した(福井さんらは進化したと称した)ナダル。
それ以上に伝説を成し遂げた芝のチャンピオン、フェデラー。

もう、目を閉じるだけで、いくつものスーパープレイが思い浮かび、未だ鳴り止まぬ拍手の中にいるような…

まぁ、そんなこんなで、観終わったわけです、今年のウィンブルドンも。

ほんと、素晴らしかった!の一言に尽きると思います。

第一セットの途中まで、ライブで記事書いていたのですが、無理っ。試合に没頭してしまって、書いてる場合ではありませんでした。

いちおう、メモを追記に…
▽Open more.
・・・

社長にかける言葉が見つかりません…



願わくば、
あの不敵な笑顔で駄弁る姿が、早く見られますように。。
Webページをブラウザにどのように表示させるか…

これを規定している言語を読み解いていました。

なんのこっちゃ!


ただ新たなサイトをCSS(Cascading Style Sheet)を用いて製作してみたと言うだけです。

今までのサイト構築の基本はHTMで、テーブルを組み込み、燃海HP ver.2森林分子生態学研究室のサイトを作って来ました。

まぁ、とあるところからのプッシュにより、先日案内を作ると宣言したサイトには、CSSを用いてみましたよ。

まぁなんとめんどくさい事か。
書かれている言語がちんぷんかんで、どーしたもんかと色々読み漁り、あれこれ動かしてみて、先日やっと形に。

まぁある程度、コトバが分かるようになると、そこからは難なくページを増やすことが出来たが…
さてはて、これは製作者にとってやさしいのだろうか?

私くらいド素人には、余計ややこしい。
まぁ、各々のページにおいて毎回指定するスタイルを、一つのbase.cssファイル内で規定し、それを読み込むと言うのは便利かもしれんが…

色んなid持ったdivを規定せんといかんし、そうそう、設定する項目が多すぎだよ…

join.cssとかie5mac.cssとか、訳分からん。そこら辺は、全部コピー。


まぁ、なんだかんだいって単純なページは出来たよ。
Tappyさん、試作作ったんで見てやってください。


1st.森林生態学研究交流会in Gifu.

他のブラウザでの表示は確認取れていません。

表示、デザインが崩れるなどありましたら、報告していただけたら嬉しい。

先週末に百年公園にて撮影したヤマボウシ。

DVC00056_070526.jpg DVC00057_070526.jpg

やっと開花していました。
中央に集まった小さな花が開き、雄しべが伸びているのが左写真で確認できます。

先々週あたりからもう、花びらのように見えるガクは開いていて、右の写真のように遠くからは花開いたように見えていたのですが…

近付いて見ると、中央の集合花は全く開いていなかった。
今回も、いくつかは開花していたが、まだまだつぼみの状態の花もちらほら。。。

ガクを開き、ディスプレイ期間はかなり長いが、個々の花の開花期は限られているのだろう。時期をずらすことによって、自家受粉を避けるなどの戦略をとっているのだろうか。

開花期と言えば…
同じヤマボウシ属のハナミズキの開花期はもっと早く、それも葉を出す前に花を咲かせる。葉を出した後に白く飾るヤマボウシとずいぶん違うなぁと思いきや…

ハナミズキって、アメリカ産の樹だったんですね。Benthamidia floridaって。ほうほう

詳しくは→こちら

開花のタイミングの違い…なかなか気になるわぁ~
コナラの堅果生産に関する古い文献をいろいろ漁っていて…

専攻??講座??(学科改変で今では括りが不明)の図書ってのがあるんです、うちの部屋。

で、学会誌や各大学の演習林報、研究報告などがちょこちょこあるんですね~。
この、"ちょこちょこ"ってのが曲者で、以前の管理が不十分であったり、引越しのどうのこうので、在庫がめちゃくちゃなんですわ。
趣味で、図書の並べ替えなどしたことあったんですが…

そんなこなんで調べ物していたのですが、
お目当ての雑誌は見つかれど、欲しい号だけ抜けているっ!!

はぁ、ついてないねぇ~。

ま、ちゃんと管理体制がなってない蔵書たちなんで、しょうがないね。
2時間かけて作成。
原材料費はまぁ抜きで、さて1600円で売れるんか??


今私の席の前にはこのようなものが飾ってあります。

DVC00028_070508.jpg

なんだコリャって感じですよね。
まぁ拡大すりゃいいってもんじゃないが…
てか、よく見たってシダかなんかが植わってるだけですが…

DVC00031_070508.jpg DVC00030_070508.jpg


要らない試験管と針金を組み合わせて、ちょっとしたオブジェ感覚です。

部屋にみどりを取り入れられて、自分ではかなり満足なんですが…
♀加藤先輩には、「何でその植物を選ぶんかなぁ~」見たいな感じで不評。

やはり1600円では売れない??
となると、趣味レベルってことですよね。

本人が満足なら、それで良し。

難点は、水遣り。
一度サボり癖がつくと、なかなか再開するにはエネルギーが要るものです。。。

一つ前の記事が、4月19日って…

それから色々ありましたよ。

コナラの開葉が昨年よりも1週間ほど早く、この直後から人工交配の準備に追われ…
日中は百年公園で袋がけ(昨年より母樹を増やしたので余計忙しい…)をし、帰ってきてはサンプリングした枝の処理と花粉集め。。。
ほぼこれだけで一日が終わっていた気分です。

そんなこんなの交配も、結局フェノロジーがかなり遅い個体も加えたため、昨年同様ゴールデンウィークまでかかり…
2日に無事終了しました。

あとは、連休の前半で大学の友人らと飛騨に行ったり、後半で高校時代の友達とあそんだり…

記事のネタはたくさんあったのですが、ブログ開かなかったねぇ…

まぁ、追々交配ネタや飛騨旅行、クーちゃんなど登場させようと思っています。

なんだかんだいって、20000Hitが近づいている…
おぉぉ。
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。