燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
 コナラ(Quercus serrata)においては、数年おきに堅果生産の豊作年が訪れることが報告されている(橋詰 1987)。この報告では、林分における落下種子を、健全・虫害・未発達とに分けて、生育期間を通じてシードトラップによる落下数を記録している。一方で、人工交雑によって、堅果がどのように落下、生存率の変化を追った研究は無い。
 今年の交配では、静岡の試験地における10月での各供試木でのoutcrossによる健全堅果の生存率は平均11.3%と、4年前に行われた人工交配の同処理の結果(およそ40%;加藤珠理,向井譲 2001)に比べ、大きく下回った。今年の自然受粉の堅果の生存率を調べたところ、およそ5%の結果率であった。人工交配では、開花から受精まで交配袋、その後網袋を被せているため、虫害による種子落下がある程度防げていると思われる。それにより自然状態より僅かだが高い堅果生存率と、加えて、虫害の影響を幾分か除くことのできた堅果生存の結果を得ることができた。
 2000年に行われた交配を豊作年、2005年のデータを凶作年として、豊凶の違いが異なる交雑様式における堅果生存に及ぼす影響について検討した。

 受粉後から堅果成熟までの期間における、処理枝における生存堅果数を記録した。交配様式ごとに、処理を行った雌花数に対する生存堅果数の割合を求め、経過を図示した(Fig. 1)。

20051105001209.gif Fig. 1
各交配処理ごとの生育期間における堅果生存率の推移
1. 豊作年では7月上旬まで80%ほどの堅果が全ての交配様式で残っていたにも関わらず、凶作年においては同じ7月の上旬の時点で、生存率が半分以下に落ち込んでいる。つまり2005年の交配処理では、総落下数のうち8割以上が(多いものでは9割に及ぶ)、この時期までに落下している!

2. 豊作年、凶作年に関わらず、自家受粉処理をしたもの及びコントロール(無受粉)処理からは健全堅果が得られなかった。このことから、コナラは強い自家不和合性を持つことが確認された。

3. 両年において自家受粉処理をした堅果でも、7月上旬までは落下せず(豊作年ではoutcrossと同じ程度の生存率)、堅果が残されていることが確認された。この時期まで枝は、無受粉の胚と、受精した胚の区別が付かない? それまでの落下は交配様式とは関係無しに起こる可能性を示唆する。
 この結果は橋詰ら(1994)の報告とは異なる。彼らの結果では6月までの時点で、生存率が自然>他家>自家の順にさがるとしている。そのために、前半の落下は自家受粉の堅果を見分けているように見える。この報告の最終的な堅果生存率は、他家でも20%以下で、凶作年であったと推定される。それゆえのばらつきが大きかったせいなのであろうか? 一つ疑問を呈すなら、コナラ属の花粉の散布はごくごく近距離で行われることが報告されており、自然受粉処理においては、自家花粉による受粉数も必然的に多くなるはずである。その場合、仮に7月以前の落下において自家及び無受粉を見分けて堅果が自己中絶されているとしたら、この時期の堅果生存率は他家>自然>自家のように並ぶはずである。と言うことで、この報告からは私の考えは否定されない。

 では、この時期まで、受精していない堅果を残しておく=資源の投資を行うことの適応的な意義は?
 面白くなってきたぞ!!

注)家系や交配様式の詳細については割愛させて頂きます。
詳細についてはコメント又はメールにて御意見ください。

【引用】
加藤珠理, 向井譲 2001「コナラの人工交配が堅果生産に及ぼす影響」第112回日本林学会大会 学術講演集665
橋詰隼人. 1987. コナラ二次林における種子生産. 広葉樹研究4; 19-27
橋詰隼人, 索 志立, 李 延縞, 山本福壽. 1994. ナラ類の育種に関する基礎的研究(I) -開花、受粉および人工交配による結実について-. 日林論105; 321-324.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/90-87166d3d
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。