燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
「遺伝子組み換えの表示について」に、ekoさんから長いコメントを頂いたのですが、ぜんぜん答えを返すことができないでいます。
それくらい、私の知識が薄っぺらいこともありますが、多くの消費者もそうであるように、その一つのコメントにたくさんの問題を含んでいるからでもあるように思えます。

そこで、今回は耐虫害に関するGMについて覚え書きを残そうと思います。

きっかけは、ekoさんのコメントより。以下抜粋↓
目の前に一本のとうもろこしがあって、見た目は、とっても美味しそうなんです。
それを虫がやってきて、食べました。
すると、もがき苦しんで、死にました。

もし、こんな光景を見たなら、遺伝子組換え作物を食べたいと思うのだろうか?

農薬は虫を殺すでしょう。
しかし、その効果は、一時的なものであり、農水省の発表では、皮をむく、茹でるなどの調理法方である程度は緩和できるわけですよね。
すると、調理する側がある程度は、その毒性を和らげることができるということです。
しかし、遺伝子組換え作物ではどんな調理法方でその効果を軽減できるのでしょうか?


GMによって虫害を防ぐには、大きく分けて、次の2通りが考えられると思います。

1. 害虫に毒性のあるタンパク発言のGMを行う
2. 耐農薬性のGMにより、より効果的な農薬による害虫の防除

1の例として、Btコーンがよく知られています。
この遺伝子組み換えされたBtコーンを食べた鱗翅目(ガやチョウ。主にトウモロコシの害虫としてはアワノメイガ)の幼虫は(もがき苦しんで?)死にます。
Btとは、Bacillus thuringiensisという細菌のことで、ある系統のこの細菌の作り出すタンパクは、害虫に特異的な殺虫効果がある。それで、この遺伝子を組み込むことによって、虫害を防ぐことができる。
こちらのページを参考にしてください。

このGMOのメリットは、農薬を使用せずに虫害を防ぐことができる点。
もちろん、このタンパクが人に与える影響は心配されるが(また予期せぬ副産物が?)。今の技術では、葉だけでその遺伝子を発現させるといったことも不可能ではない?
それ以上に、野生生物(この例では他のチョウ類)がこのタンパクの影響を受けるのかが心配される(オオカバマダラおいて、リスク評価の研究がなされた)。環境への遺伝子流出については、ここで述べるのは控える。

2番目はグリホサートやラウンドアップといった農薬の耐性遺伝子を組み込んだもの。これ等強力な除草剤にも耐えられる作物にし、その強力な除草剤をもってして、雑草を一掃するやり方。

メリットは、生産性は上がると思います。農薬散布の回数が少なくなるとも言われていますが、これには疑問。
それ以上に、このやり方は好きじゃない。まず食品の安全性について。
「皮をむく、茹でるなどの調理法方である程度は緩和できる」と言われても、今まで以上に強力な薬品に使った作物でも、そういわれて「はいはい。」と答えられますか?残留農薬については気になりますね。
それ以上に、環境に及ぼす効果です。GMが、ではなく、農法、農薬が環境に与える影響に。高校の頃、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を読んで、環境系の仕事ができたらなと強く思った私には、このことが心配でなりません。

また、GMなんていたちごっこですよ。ちなみに、この耐性遺伝子が雑草に浸透したらどうなりますかね? 結局、次のより強力な薬品及びその耐性のGMOを作らねばならないのでは?
栽培のナタネが、野生種と交雑されていると言うことは確認されています。さてはて。

1番目のBtコーンの方が、より安全だと思うのですが…

私はGMに反対ではありません。でも、2番のようなGMによる栽培方法の変化には大反対です。


以上、メモ書き程度に。
間違い等ありましたら指摘してください。省略した部分も多いですが。
また、この意見には、少なからず私の主観が含まれている可能性も大です。御注意を。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
金儲けではない?
v-254希望的な見方を常にしている私としては、単に金儲けだけのためにしているとは思いたくないのです。
でも、遺伝子は自然変異もしますから、長いこと掛かって取捨選択された遺伝子が、直ぐに環境も人の健康にも全てOKというわけには行きませんね。
商社はマイナス面を研究も対策もしていると信じたいです。だって、もし、害が証明されれば、商社自体が成り立たないでしょ。それまで、実験動物が人や他の生物というのは---、結局本当のことが分かったような分からないような状態なのです。
2005/08/29
(月) 10:12:47 | URL | kazuyoo60 #-[ 編集]
多分実際に研究者は次の対処をしていくだろう/現にしている
補正

今の技術では葉のみに発現させるのは不可能ではない?
これは、実現されています。
そんな難しいことはない。
●プロモーターの選択とそれをちょこっといじるだけで可能。

●遺伝子交配の問題
目的遺伝子と一緒にマーカー遺伝子を入れた組み替え体をつくる。
GFPやルシフェラーゼ遺伝子などをマーカー遺伝子を同時に入れる。これにより暗黒下で紫外線を当てるとGFPのみが光る これを利用して 遺伝子がくみこまれたものと組み込まれていないものが選別が可能となる

2005/08/29
(月) 18:15:10 | URL | ささみのタタキ #-[ 編集]
追記ありがとうございます。
また、不稔性の研究も進んでますよね。
2005/08/29
(月) 18:17:50 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
知たいこと
岐阜大学の中里氏(教授?)の論文が読みたいです。
最近の子供の中に永久歯が生えない子にラウンドアップが影響を与えたとする論文を発表したらしいです。
また、帝京大の教授が名前が分からないけど・・・このラウンドアップと佐世保事件の関与を絡めた論文を発表したらしい・・・。でも論文ってどこで私のような者が読めるんでしょう?
って、燃海 さんに訴えても仕方がないですよね。
それぐらい、ラウンドアップの危険性を研究してくれている学者がいるということが嬉しいです。
今日、遺伝子組換え作物の講演会を聴講してきました。
近日、ブログでアップします。
そして、遺伝子組換え作物の表示ですが、5%までは組み換え作物ではないという表示許可されているのは、日本だけで、EUでは、0.9%までだそうです。
1%までは、分別可能のためだそうです。
このことからみても、日本は遺伝子組換え作物に対して対応がゆるいと言えると思います。
また、議論をしましょうね(笑)
2005/08/30
(火) 22:32:19 | URL | eko #-[ 編集]
論文は大学に来て読みましょう
論文を読むには、
近くの大学の図書館が最も活用できます。ちょっとした申請書などは書かなければいけませんが、一般の方も利用可能です(少なくとも九大はできます)。
また、できれば旧帝国大学(もみさんにすしっとされそうですが)の図書館は、論文に関して相当充実しています。

インターネットからダウンロードする手もありますが、これはその論文の出版社との契約しなければならないため、有料です。年間契約になるので相当お高いです。

大学の人に、論文をダウンロードしてメールで送ってもらうというのは契約違反になるのでできません。
2005/08/31
(水) 14:19:46 | URL | ささみのタタキ #-[ 編集]
岐阜大の中里氏?
う~ん、分かりませんなぁ。とりあえず、農学部には、そのような方はいないと思うのですが…他学部となると、さらに分かりません。
静大も一般の方の図書館利用はできます。おそらく岐阜大も? でも、旧帝大は本当に論文に関して充実していますよ。嫉妬?いや、かなり悔しい思いしています。
できれば、ラウンドアップとGMの問題とを分けて議論したいですね。私には難しすぎます。
また、
EUが0.9%(どのデータなのかは私には分かりませんが)に対し日本が5%と、GMに対する対応のゆるさは確かに指摘されます。一方、遺伝子組み換え作物はささみのタタキさんが指摘してくれたように、完全に分離できます。0.9%なら良いというEUも五十歩百歩でしょう。

付記;以下の違いは重要?
・組み換えされた遺伝子そのものが食品に含まれ、それを摂取する。
・組み換えされた遺伝子によって発現したタンパクが食品に含まれ、それを摂取する。
・組み換えされた遺伝子もその遺伝子によって転写されるタンパクも食品に含まれないが、原材料にGMOが使われている場合。
3つ目の項目は、例えば醤油など。
2005/09/04
(日) 00:02:37 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/49-e2b574a4
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。