燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
培地

 ショ糖-寒天培地:1%寒天、20%ショ糖、pH5.5
 電子レンジで溶かして、1mmくらいの厚さで固める。1cm四方に切り分け、スライドグラスに乗せる。

花粉の発芽

 培地の上に花粉銃等を用い、花粉を均一にまき付ける。
 25℃で24時間培養する。このとき培地が乾燥しないように注意する。

発芽率

 顕微鏡で観察し、視野内にあるすべての発芽花粉及び不発芽花粉をカウントする。発芽率は、発芽花粉数/(発芽花粉+不発芽花粉)×100 として求める。できれば、3回の測定の平均を発芽率とするのが望ましい。

永久プレパラートの作成

 カルノア固定液を2,3滴、ゲルに落とす。1日放置。スライドグラスごとコットンブルー液に入れて、20~30分間染色する。染色が終わったら、1%酢酸液に移しゲルが透明になるまで脱色する。そのうち、ゲルがスライドグラスからはがれてくるので見失わないように注意する。スライドグラスにきっちり並べてから、45℃で30~60分間乾燥させる。透明なマニキュアを塗って乾かせばOKで、気が向いたときに観察できます。


References
  生方正俊:樹木花粉の取り扱い(Ⅲ) ―発芽率の調査方法と虫媒花花粉の収集法―, 林木遺伝資源情報 21, 2003
  橋詰隼人:ブナおよびコナラ属樹種の開花、受粉、花粉の採集および花粉の発芽について,鳥大農研報XXVⅡ,94-107,1975
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/42-bcbd4095
この記事へのトラックバック
前年に使用した花粉。ずっと冷凍ではなく、冷蔵保存しておいた(忘れてた)んだが。さて、これって使えるのかなぁ?と、言うことで、培地作ってとりあえず発芽させてみました。
2006/04/12(水) 00:53:21 | 燃海HP ver.III
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。