燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
大学祭の最中、第三回の応用生物科学部シンポジウムが開催されていました。

詳しくはこちら


今回のテーマは、「人間が食べるということ~分子から食卓まで~」ということでしたが。

第一回のテーマに比べ、専門から離れた感がありひかれなかったんですがね。

でもやはりこういうシンポジウム聞くと、知見が広がったり、色んな考えがもてたり、身になるというものです。
開催していただいた科学研究推進室の方々には感謝感謝です。

来年もこのような機会が得られることを期待していますと。




ま、内容に関しての感想をぼそぼそ。


話を聞いてて面白かったのが、石田先生の「精製しても僅かなコンタミがあり、それが活性に大きく影響与えているのかもしれない」といった感じの一言。
もっともこの場合、効果を引き起こす物質を決定したつもりでも、コンタミしてた別のものが実はターゲットかも?ということと、コンタミが阻害なり活性を見えにくくしている場合とも捉えられますが…

結局、生物、生体=生態は、様々な要因が複雑に絡み合っているもので、ある作用を抜き出してくるのにさえ困難であると。

長岡先生の講演でいうところの、ペプチドアレイ(マイクロアレイのペプチド版か?)を行った結果、4000個中、そのおよそ半分が活性を示したとの話ですね。うち46個の遺伝子が強く関与だったっけ??おそらく、研究が進めば、そのうち、ペプチドと遺伝子の関係が明らかになるが、結局、一対一の関連が見られるだけですよね。多対多の関連はクリアーにはならないんかなぁ。

そう、結局それが生体=生態だから?

細部へのアプローチが深まれば深まるぶんだけ、このネットワークを顧みず、ある機械的な側面を語るにすぎなくなってしまいやしませんか?

ある成分だけを摂取するためのタブレット。
機械の部品のように工場で作られる野菜。
古くは都市化によって農村に追いやられた食の生産現場。

食とは命を食べているということ、このことを、文明化、都市化によって人は遠ざけてきたように思えました。



なんつーか・・・

考えまだまとまってねぇなぁ、俺。
それも、講演聞いた人にしか伝わらないような文…もとい、聞いた人にも分からん文書いてました(^^ゞ



T木氏がすんごいもんアップしてやがった!

 リンク:名古屋大学森林生態生理学

即ダウンロードしちゃろう。

というか、序文でChapter担当者、間違ってないかい(^-^)?
IIとIII
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/407-2675b29f
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。