燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
とても生き生きしていたと思います。
ただ、急峻な斜面で踏ん張ったり…下半身がだるいです。

という訳で、昨日撮影の花たちです。

ヘビイチゴはたくさんあって…
あ、多分ヤブヘビイチゴでしょうか。

DVC00023_070613.jpg

なんやらキク科の花とか(サワギクかとも思うが、自信は皆無)

DVC00021_070613.jpg

ケシ科キケマン属の花など、

DVC00033_070613.jpg フウロケマンか??

なんだか今回は黄色い花ばかり撮っていたり。

もっとも、
この時期黄色と言う色は、暗い林床では見つけやすかったり。
ポリネーターを獲得するには、この方が都合がいいのかもしれない。

一方で赤い実のヘビイチゴの実は、誰が食べて運ぶのだろうか?と考えたり。

ヘビイチゴの名前の由来は、食べてもまずくて、そんなんヘビぐらいしか食わへんやろ、ということから来ていると聞いたことがある。
う~ん、とするとやはり散布するのは鳥??

そう、鳥の嗜好は人とは合わんから。
そもそもどれほど味覚を持っているのかも分からん。
はっきし言えるのは、鳥がこの時期好んで食べていたエドヒガンの実は、人にとってはとてもじゃないが、おいしいと思えないということ。(経験者は語る)
まぁそんなんだから、人がマズイと思っているヘビイチゴの実を食べていてもおかしくないかも。

しかし、あんな林床で鳥がイチゴの痩果をついばむ姿は想像できない。案外、味おんちな?動物が食べているのだろうか…


余談。

ソメイヨシノの実はシアン化合物を含み(体の小さい鳥にとって、また大量に摂取できれば毒となる)、シブにがくてとてもじゃないけど食べられない。

ヤマザクラの実は…甘みもあって食べられないこともないが、おいしいとは思えない。まだ青臭いと言うかイガイガする。

エドヒガンの実は先述のとおり。吐き出すほどではないももの、苦味が強い。

日本のサクラも、品種改良重ねれば、セイヨウミザクラのうように食べられるサクランボになるんだろうか?
いやぁ~、道のりは遠そうだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
可愛い花たちですね。やっぱり黄色が目立ちますよね。
ソメイヨシノなどのサクランボは奈良公園でも見ますが、渋くて苦くてなら人には無理ですね。サクランボ大好きです。買うのはアメリカのサクランボですが、日本のがもっと安くならないかな、日本のも年1回ぐらいは買いたいですよ。(爆笑)
2007/06/15
(金) 06:33:39 | URL | kazuyoo60 #-[ 編集]
>kazuyoo60さん
ほんとに目立っているのか、虫の目で見てみたいですね。

ソメイヨシノの実、
渋くてすぐに吐き出したが、口の中にいつまでも苦味が残る…
と、食した後輩は申しておりました。
2007/06/22
(金) 17:27:31 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/377-89b8f5d8
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。