燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
隣の森林生態研…もとい、もう一緒の研究室だっけ、の手伝いで、今日は六厩の調査地へ。

DVC00031_070511.jpg

名古屋で"R"の講習会が開催されていて、そちらにも伺いたかったけど…まぁしょうがない。

やはり荘川は寒い。
まだ上層木の開葉はし始めたばかり。
そんな樹々を見ながら、我々は地上を這い回る。
まぁ、飛べないのでそうするしかないのだが…今回は下層木の毎木調査(今回はDBHが1~8cmの個体が対象)。10年前のデータと比べてみると(全データを照らし合わせた訳ではないが)、少しづつ成長している個体が多くを占めるが、いくつかは消失、そして新参個体がそれと同程度。何本か、DBH8cm以上の成木に移行した個体も見受けられるだろうと予想していたのだが、今回測った中にはそのような個体は皆無。

予想:幼樹の現存量は、枯死と新参の供給によって一定に保たれている。ある上層木が倒れギャップができると、そこの幼樹がようやく上層木の仲間入りに。そんな偶然のチャンスを待って、いくつもの稚樹が枯れいき、そして新たな若木が何度も成立し、これを何回も何回も繰り返しているのかなぁ…
そんなことを考えたり…林床に寝転び、まだ上層木の葉によって封鎖される前の空を眺めながら。

DVC00035_070511.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/364-c5fd5a52
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。