燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
明日予定されていた位山演習林でのブナ個体位置の測量の後発隊、中止になるかもしれません。

天候不順により…

5日は雨または雪、6日も完全に雪の予報です。
参りましたね。

ま、飛騨はそんなまだまだ雪の季節ですが、こちらは着実に春の準備が進んでいます。

昨年結実した堅果の芽が伸張しだす中(先日の記事参照かつ、他の堅果も伸び始めている)、1年生の実生の冬芽もほころびはじめてきました。

DVC00114_070304.jpg

もう数週間で開葉するかも!?

活動開始!!ですねっ。

まぁ、自分も今年度の交配計画を煮詰めないと。。。
(またやるのかよ、という突っ込みはご遠慮いただきたい)
さてはて、こうしてみると、また今年も気になりますね。開葉のタイミングと、実生の年齢との関係が。

どんぐりの芽は出始めた!
一年生の実生の芽も動き出した!

さて、2年生以上の実生の芽は??

実はまだまだなんですよね。

この年齢と開葉のタイミングとの関連について、いろいろ想像膨らますも、決定打は未だ…

植物自体、いろいろ考えて(林床における光環境に対する適応とか)やってるわけじゃないんだよね、きっと。
でも、樹体サイズや養分の問題、そして道管が形成されるにかかる時間など、結果として、"なんだ、うまいこといってんじゃん"といった、そんな植物の姿を示すことができたら、いいなと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
1年生と2年生に成長の差があるのですか。研究される方の視点ですね。
2007/03/04
(日) 15:45:00 | URL | kazuyoo60 #-[ 編集]
>kazuyoo60さん
若いヤツほど、早く活動するみたいです。
面白いです。
研究的な視点かは分かりませんが、そんな不思議に惹かれます。
2007/03/05
(月) 15:02:59 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/341-a3ee8810
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。