燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
うだうだと下記のような記事書いてるうちに…

先週末の富士山調査組に便乗し、シュリ様がドングリ回収してくれちゃいました!
すんません、先輩にそんなことやらせてしまって…反省。。

雨の中、回収してくれたそうですが、今年も静岡試験地はそこまでの収穫が無かった様子…
ありゃ。
昨年の人工交配の結果は、結実率が10%そこそこだったりしたもんで、凶作と判断していたのですが、今年も??

凶作年は2年も続かんやろと高をくくっていたのに…

ま、実際に、資源制約説?を考慮するなら、凶作年が2年続くことは別になんらおかしくない。むしろ、豊作年は連続しないという予想が出来るのだが。

ま、どっちにせよ、今週末の学会発表の内容には別に影響なし、と。

結局、豊作か凶作かは、シードトラップ置くなりして調査すべき。しかし、人工交配からも、結実率に年度間で差が生じることは示せたわけだし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自然界は人の手を加えない分、気象の影響がもろに出るんでしょうかね?
少ない果実の充実度は・・・来春の発芽率はどうなんでしょうね。
2006/10/10
(火) 20:43:50 | URL | rei2 #-[ 編集]
>rei2さん
かもしれませんねぇ~。
今年結実が少なかった分が、来年の芽にどう影響するかは…
コナラの場合、結実率に年度ごと大きな差があることは明らかなんですが、一方で、春に着ける花の数には実は差がそんなに無いのではないか!!と言うことも言われています。
となると、コナラの場合、いくら今年結実に資源をまわさなかったといっても、来年の着花量が大きく変わるようなことは期待できないのかも知れません。一方で、ブナのような隔年で開花する樹木ですと、着花数も年によって大きく異なることが指摘されています。これはまさに、前年の稼ぎや投資量といったものが、効いている可能性があります。
さてはて、果樹では??
なかなか自然界で得られたデータを、直接栽培におろすことは難しいようです。特定の栽培種についての現象は、それこそまさに、知識よりもまだ経験の方が勝っているということです。ま、そこも魅力ですけどねっ。
2006/10/10
(火) 21:07:20 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
実は
先日おたくの試験地内で枝を切り染色実験をしてみた。結果、水揚げが悪いね~。枝間の水の共有はなくはないようだが・・・。芽輪痕もつまってるね~。
2006/10/10
(火) 22:23:00 | URL | Tappy #-[ 編集]
おやっ
内紛 勃発ですか?

水揚げが悪いねーとか表現 オタクですよー!!
ちなみに、染色実験で、具体的にどんな実験をすると水揚げがいいかわるいか分かるんですか?

ためしにやってみたいですよ。九大のポプラで!!
2006/10/10
(火) 22:36:49 | URL | ささみのタヌキ #-[ 編集]
>Tappyさん
おう、ご苦労!!
ちなみに、どの個体使った??
ナンバーテープついとったと思うけど…
まだまだ吸い上げしなくなる時期でもないにね。ま、今年はそんくらい光合成能力低いってことか?
2006/10/11
(水) 16:18:03 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
>ささみのタヌキさん
内紛??
んぁ?
2006/10/11
(水) 16:20:19 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
個体番号ね~、ん、またみとくよ。
ささみのタタキさん、エオシンかフコシンでもいいし、パソコン用プリンターのインクでシアンでもいいです。水に濃い目に溶かして切り枝を挿します。後は晴れた日の日中5,6時間外に出しとけばOKです。終わったら枝を適当なところで切って(ディスクにしてもいい)乾燥させます。乾燥すると色がはっきりします。染色された面積を見ます。今回の場合、断面積あたりの着色面積がやたら少なかったのですよ、モミさんや。
2006/10/12
(木) 23:06:06 | URL | Tappy #-[ 編集]
はい!質問
>Tappy様

簡便かつおもしろそうな実験ですね。
検討を行う前にいくつか質問があります。

1. 5,6時間と書いてありますが、時間がアバウトでいいですか?

2. 水を吸い上げる力って枝についている葉の数、面積に比例するイメージがあるんですが、やる実験目的にもよるんでしょうが、葉の数とかそろえて実験されていますか?

3. 私は実験でポプラの組織をよくみておりますが(顕微鏡観察)、生きてる細胞ってせいぜい形成層から随に向かって10-15細胞くらいなもんすよ。
実際の長さでいったら数ミリあるのかな?
そんなんで、断面積とかはかれるもんなんすか?

そこのところは実際にやってみればわかるんでしょうね。
2006/10/13
(金) 10:29:01 | URL | ささみのタヌキ #-[ 編集]
回答遅くなりました。
まずMomiちゃんへ
 個体番号ついとらんかったで~。そんでもって、たぶんシュリさん落し物しとったで~。

ささみのタタキさんへ
1.時間は大気の乾燥程度と日射量によります。この季節だと、ん~そうですね~、茎径10mm程度でも晴れた日に10時過ぎから2時過ぎまで外に出してれば十分でしょう。この辺は今日明日にあげる予定の樹水庵の記事を参考にしてみてください。

2.はい、たしかに水を動かす力は葉面積によるところが大きいです。けれど、私は枝齢を重視しています。枝ごとの個性(=葉面積/枝断面積or木部断面積、これを木部断面石比と言う)はけっこうばらつきますので。芽輪痕を数えてください。んでもって木部断面石比を調べておけばよいでしょう。

3.樹種や枝の太さによりますが、キャリパーで十分調べられます。気に入らんかったらめんどいですが顕微鏡を使う手があるでしょう。私はデジカメ使います。ピクセル数換算による面積計算。

さてさて、ではささみのタタキさんの結果をおまちしますかね。
2006/10/14
(土) 15:28:49 | URL | Tappy #-[ 編集]
>Tappyさん
もう少しだけ時間くださいませ。
空いた時間をねらってやってみます。

それと、注意!!!!
諸事情によりささみのタヌキに改名しております。
2006/10/15
(日) 14:50:03 | URL | ささみのタヌキ #-[ 編集]
あ・・・
・・・タヌキ・・・。タヌキ・・・。
2006/10/16
(月) 22:58:33 | URL | Tappy #-[ 編集]
ただいま。
あれ?個体番号ついとらん??
そんくらい若齢個体だったんかな?それともラベル消失か…
ま、個体によってかなり差があるんとおもいますがねぇ~。どのような個体で実験行なったのか、記しておく必要アリ。(樹齢というかDBHなど)

ま、ささみのタヌキさんも、何が見たいのかをしっかり定め、実験を行なってください。
水の枝間の移動、分配を見るのと、枝自体の吸い上げ能力を見るのとでは、行なう実験はずいぶん異なってきますので。
2006/10/17
(火) 18:33:49 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
一応どの個体かはメモってあるよ。当たり前やんけ。まあ、また今度教えるよ。

んで、
>水の枝間の移動、分配を見るのと、枝自体の吸い上げ能力を見るのとでは、行なう実験はずいぶん異なってきますので。
と書いてあるが、自分は今その両方をやってんのよ。別に大してかわらんよ。染色実験なんてやれること限られてんだから。
2006/10/23
(月) 15:08:12 | URL | Tappy #-[ 編集]
水の吸い上げ実験は、明後日から札幌で学会なんで来週やるっす!!

学会とは別に、北大の理学部化学科で講演を頼まれ、そちらがものすごく緊張しております。
彼らは、ペルオキシダーゼ(酸化酵素)の構造解析専門屋さん、私はペルオキシダーゼの樹木中での生理的役割を解明する仕事、
いわゆるBiochemistとPhysiologistの融合っす。
少し前から共同研究させていただいて、彼らにいろいろと教わっている状態です。今回も、実験を教えてほしいとお願いしたら、こちらの研究もいろいろと教えてほしいということで講演会とまぁ大変なことになってしまった…。
一時間もしゃべる。って死ぬんだろうな。

ですが、彼らも自分たちが研究している酵素が実際樹木や動物などでどんな役割を果たしているのかは教科書レベルでしか知らないので、私のような研究もたいへん興味を持っているらしい。
研究の広がりが感じられ、彼らとの議論は非常に楽しいし、教わることばかりです。
異分野交流&実験が、今まで見えなかった視点をつくる大事なプロセスと思って大事にしたいです。プレゼンがんばりますわ~
2006/10/23
(月) 20:16:42 | URL | ささみのタヌキ #-[ 編集]
>Tappyさん
見る尺度が違ってくるんでは??と言いたかったんかな?寝ぼけで書いてたもんで、よく覚えとらん・・・(^^ゞ
もひとつ。
分配と吸い上げ能力とを分けて見るのが困難??そんなことが言いたかったのかなぁ~。
2006/10/24
(火) 20:05:28 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
>ささみのタヌキさん
BiochemistとPhysiologistの融合!!
楽しそうですねぇ~。
一時間くらい、余裕じゃない??
しゃべりはじめたらそんくらい行くって。だいたい、D論の発表は40分以上話すでしょ? ま、私も今度ゼミでそんくらい話すかも。。 問題は、プレゼンファイル、そんだけ準備するのが面倒… もち、学会のをつぎはぎになるんだろうけど。
2006/10/24
(火) 20:10:28 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/280-52666903
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。