燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
コナラの雌花は、その子房内に6つの胚珠を持つ。
前記事の写真を参照

受精後何週かすると、この6つの胚珠のうちの一つが他に比べてより大きく成長する。

そして授粉から12週を過ぎたこの時期、堅果内は一つの胚珠のみが子房全体を占めるようになる(下の写真)。

DSCN0757.jpg ×40
図中のL(矢印の先)は、被圧された?胚珠。残りの4つの胚珠もこのように押しつぶされ、大きな胚珠の下敷きになっていた。

diameter_7acorn.gif

堅果の直径の成長(上図)を見ると、7月の下旬、オープンの堅果において著しい成長が見られる。この急激な肥大成長は、子房内を占めるようになる胚珠の急激な発達に伴っておこると予想される。

一方、グラフ中の無受粉処理の堅果は、7月中旬以降の目だった肥大成長は見られず、またこの時期にその多くが落下した。落下した堅果の解剖を行なったところ、これらの堅果においては1つの胚珠の占有は見られなかった。(しかし、胚珠の大きさの違いは見られた!!) つまり、受粉and/or受精が行なわれなかった雌花では、1つの胚珠の他を圧倒するまでの発達が見られなかったために、堅果の脱落がおこったと考えられる。

母樹は、この時期において内部発達の進行しない、それ以上の水の吸い上げを行なわないことをシグナルとし、または発達による植物ホルモン有無によって、未発達の堅果をふるい落としている?

それにしても、やっぱ母樹はこの時期まで無駄(受精していない;受精は5月におこる)な堅果を保持するんだよね~。なぜ? この時期まで判別できない??

やっぱコナラは、愛すべきおバカちゃんなんです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
む、難しい…です。授業のようです。

でもおもしろい☆

先生がそのことが好きだと教える内容にもそれが現れてくるじゃないですか。そうするとややこしい授業も眠くならないし面白いなって思えるの。学校の先生も”専門分野のみ教える”ってすればいいのにね~。
2006/07/23
(日) 07:39:17 | URL | 明子 #-[ 編集]
>明子さん
自分が面白いと思っていても、その面白さを人に理解してもらうのって難しいですよね。そこが上手くないので、自分は教職に向いていないのかな~なんて考えていました。実際、このブログで、コナラの面白さを少しでも伝えられたら…とは思っているのですが、残念ながらそこまで力割いていないっす。研究の記事にしろ、メモ書きな側面の方が強いかも。

>専門分野のみ教える…
これは難しいことですが、少なくとも教える側は、その分野に対して面白みを理解している必要はあるかも知れませんね~。そうすれば、より面白いクラスを作る努力ができるわけですから!!
実際の先生である明子さんに、シロウトの私が言うセリフじゃない?失礼しました~(^^ゞ
2006/07/24
(月) 18:22:17 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
おもしろいです!
やっぱり植物は。
こんなに身近なのに、解らない事だらけというのもいいです。
コナラもまた、いいやつですねえ。
2006/07/25
(火) 22:55:19 | URL | 畑ペンギン #-[ 編集]
>畑ペンギンさん
面白いですよ(^-^)
やっぱ植物も!
私たちの身の回りのほとんどは"分からないこと"で構成されているんですね~。それなのに、分からないことより、知っていることを列挙することの方が容易いため、何でも知っているように思えてしまう?
また、片鱗でも明らかにした瞬間は、うれしくてたまらない?
ぬぬ、奥が腐海深い!
2006/07/27
(木) 12:41:33 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/249-9681115c
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。