燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
ナラは日本の温帯二次林を代表する、風媒の落葉性広葉樹のナラの一つで、北海道から九州まで広く分布している。これらの森は、古くから農業や、薪や材として生活に利用されてきた。このようなコナラの林の保全は近年、経済的かつ文化的にも大変重要視されつつある。
コナラの花は4月上旬から5月にかけて咲く。下垂した雄花と、3つの反り返った花柱からなる小さな雌花をもつ。雌性先熟で雌花が先に咲いた後、葯を持った錘状花序が現われる。風媒花。

理由はともかく、この樹の繁殖戦略はとても興味があります。
「人間同様、植物も交配相手を選んでいる!」そんなことが言えたら面白いと思いません?

study_01-2

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/14-198ef866
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。