燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
今日の気になったニュース、

「トマト授粉のハチ、環境省規制へ…生態系へ悪影響(読売新聞)」
と、
「巻き貝 ブルーギル捕食? 滋賀県立大グループ 国内初確認(京都新聞)」
の二件。

前件の対象となる生物は、セイヨウマルハナバチ。
先日、国立環境研の方を招いた昆虫研のゼミに参加したが、そのときの話では在来のオオマルハナバチとの交雑は確認されなかったと聞いていたが… 新たなデータが見つかったのだろうか?
また、外来生物と在来種との交雑による遺伝子浸透といった問題ではなく、植物と昆虫との相互作用におけるセイヨウマルハナバチの影響といったことが気になる。記事中にも「野生植物の授粉を妨げたりするなど、国内の生態系への悪影響が指摘」との記述があるが。

また、トマトは日本で最も消費される野菜、と聞いたことがある。その栽培のほとんどはハウスによる。
となると、今回の影響は?

さて、国立環境研のHPにいって調べてみますかぁ。


もう一件もなかなか気になるニュース。

この魚、繁殖力が旺盛で、在来の小魚に大きな影響を与えている外来生物として有名である。
外来魚にも意外な天敵がいたという表現をしているが…
私が思うに、これまで独壇場だった侵入生物が、周りの生態系の一部に組み込まれたということではないだろうか?
いよいよ、外来生物が"帰化"したのかなと感じた。

最後の駆除に役立つかもとのセリフにはかなりの疑問が。
たとえうまくいったとしても、駆除後にこの巻貝らは何をエサにするの?



近年、外来生物による影響などが問題視されるようになったが、生物種の移入は、昔から何度も繰り返されてきた。
そのたびに、インパクトはあったものの、その後ゆっくり環境に同化していった経緯があるのでは。となると、後は移入とその遷移の速度との
バランスが重要に思える。
そういったことの評価は…人のライフスパンではなかなか難しい問題ですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
v-254マルハナバチは全部の個体が混血するのでしょうか。それに、巻き貝は今までもいたのでしょ。長い時間を掛けて、どの生物も日本に順応して、そのものだけが突出しなければ、それも自然のサイクルに組み込まれたことになるのかなと考えています。
専門の所にコメントしてご免なさい。
2005/12/22
(木) 11:13:48 | URL | kazuyoo60 #-[ 編集]
>kazuyoo60さん
いえいえ、コメントありがとうございます。
自分の言葉と、もう少し分かりやすくニュースを紹介できたらとも思うのですが、これがなかなか難しい。
でも、kazuyoo60さんのおっしゃるとおりだと思います。侵入初期は“突出”しますが、ゆっくりゆっくりそのサイクルに組み込まれていくんですよね。記事には書かれていませんが、その地域の独自性がどれほど重要かといった評価のための研究も必要になってくると思います。それがなければ、侵入がもたらす雑種形成のインパクトを正確に類推することはできないのではと。
2005/12/22
(木) 12:23:01 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
新しいデータとか聞いてないよ。マルハナはもともと規定の方にベクトル向いてたから、なるようになったってとこなのかな?

外来魚はCoolな人におまかせで!
2005/12/22
(木) 17:24:53 | URL | CB2 #-[ 編集]
>CB2さん
の、ようですね。
侵入生物が在来植物に与える影響など、いいデータがあるのかと思いましたが。
なかなかこのリスク評価の研究って難しいですね。労力等かなりかかるくせに、得られる成果は低かったり…
ところで、ハンドルネーム変えるのでは?
あと、外来魚駆除となると、一匹ったくらいでは話しになりませんよ?後日談にはかなり笑わせていただきましたが(^^ゞ
2005/12/23
(金) 17:47:23 | URL | 燃海 #gVrIp3A2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/119-46c0f156
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。