燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
ヘキサン(有機溶媒)を用いた洗浄法による花粉の採取、
スゲー!!


090408_DVC00066.jpg


当研究室では、2006年、そして昨年もサクラの人工交配を行っているのだが、どちらの実験においても障壁となったのが、花粉の採取と保存、そしてviabilityであった。

ま、一年目は、そんなん風媒花と同じやろうと舐めていた感は確かにある…^^;
結局乾燥させて集めたり、昨年は直接咲いてる花を採取して交配に用いたりしたけど。
問題なのは、乾燥させ冷蔵保存すると、数日で極端に発芽能力が落ちること。
(上手くシリカゲルで乾燥させる必要もあるのだが、直後に交配に用いるからと、それを怠った)
また、咲いている花を採取すると、新鮮で発芽能力の高い花粉が得られるが、すでにポリネーターが訪れ、他個体の花粉が混ざっている(コンタミ)可能性がある。発芽能力も採取した時期の違いなどにより異なる可能性もあり。
などなど…


今年もサクラの交配を行ったのだが(自分のテーマではなく手伝いで)、その際興味本位で試してみたんですよ、その洗浄法とやらを。

▽Open more.
スポンサーサイト
学会ではカゼ菌を大量にばらまいてきましたが…
当の本人は元気にやっております。
(今頃セキで苦しんでいる方々、申し訳ない)



ここ数日、毎日サクラを見ている気がする。

んで、人工交配などをやっていると特に感じるのだが…

まぁ、交配なんてしなくても、よく見ればなんとなく感じたりもするのだが…



ソメイヨシノの花粉… 多いっ!!


(一花序における)
(他のサクラ野生種に比べて)
(実際に花粉粒数を数えてみるべきなんだろうが)


もし遺伝子浸透などを評価するなら、この花粉量も考慮すべき???

ソメイヨシノが花粉親となったときの貢献と、種子親となったときの貢献との差は、量的にも思った以上に開いている??


(もっとも、環境、“虫”の行動などの影響の方が大きく、“無視”できるものかもしれないが)www


090401_DVC00054.jpg
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。