燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
手帳を見て、やっと気がついたというね…


だめだめなご主人、もとい僕(しもべ)でした。



というわけで、3日ほど遅れましたが、くーちゃん、拾われて7年目、おめでとう☆



071020_144404_M.jpg 何のことかにゃ?


まぁ、つまり7歳を迎えたわけです。

くー、幸せかい??
スポンサーサイト
秋といえば…

まぁ、秋じゃなくても芸術鑑賞は大好きです。
数人でね、今名古屋のボストン美術館で開催されているレンブラントの版画展を見に行く予定だったんですがね、流れてしまったんで、一人で岐阜県美術館を訪れました。

企画展は、人間国宝-荒川豊藏。
絵画以外さほど興味あるわけでもなく観たことなかったんですがね、せっかくなんで常設展だけでなく、こちらも観てきました。目を肥さんとね。


まぁ、お茶なんて点ててもらう機会なんてないし、そんな文化にすら触れないもので、期待はしていなかったんですが。それでも、こんな茶碗で飲んだら、さぞかしおいしいのだろうと思ったり。感想は、思った以上に楽しかったです。

志野の淡い桃色、緋色というのか、落ち着いたやわらかさもいいが、瀬戸黒の重厚さもまたいい。
そうそう、瀬戸黒に、金に塗った葉を押し付けて紋様にした茶碗があったが、その黒と金の対比に目が引かれたというよりも、この葉はどの樹種の葉だろうかと鑑賞していたバカが一匹…(^^ゞ

結局、一番のお気に入りは…
う~ん、銘を忘れた。桃だか梅の宴といった感じだった気がするが、志野茶碗でした。

まぁ、銘を覚えてないくらいだし、焼き物にはまりはせんやろうな。陶磁器とかなん、使ってなんぼと思っているので。
使う機会のある方、触れることによって、より価値が見い出せるのだろうなと思ったしだい。
と、おき楽なものだったら良かったのですが…

調査自体はさほど疲れる仕事でもなかったのですがね。

六厩にある生態学研究室の試験地にて、プロット内の樹木(胸高直径8cm以上)のDBHの測定および、白ペンキの塗りなおし。
人数も多かったため、午前中でほとんど作業が終わったし。

このDBHの測定は、毎年行われていて、森林の動態や成長を見ることが出来る。
いいね、やっぱ固定試験地ってのは羨ましく思います。
それに、このような多くの情報が蓄積されているのも、本当に貴重だと感じます。
(それを維持するのに、エネルギーは要りますがね)

100年生の広葉樹林は紅葉(黄葉)の盛りですかね、ふと手を休めると、ほんとに素敵な景色に見ほれます。

もっとも、私の携帯電話に付属のカメラでは、その美しさを残すことあたわず…

もっぱら林床ばかり写していました。

DVC10046_071025.jpg DVC10052_071025.jpg

相変わらず、コケやキノコ…

ま、いちおう。。。

DVC10049_071025.jpg

とまぁ、綺麗だったわけですよ。

つまり、つまり、つまり…


夜が寒かった!!


おそらく零度近くまで冷え込んでましたね。
寒くて寝られなかったという後輩も。。。

そりゃ、作業は楽でも体力消耗しまずわな。

25日は帰ってきてそらぁ~、暴睡でしたよ。


今週??また紅葉を見る機会がありそうなんで…その時はゆったり見てきたいと思います。

昨日は天気も良かったので、ふらりとお出かけしてきました。

というかね、お世話になりました挨拶を兼ね、オータムフェスティバルとやらを見物しに行ったんですよ、百年公園へ。

どうやらステージイベントもあったようですが、着いた時間はもう終わっていましたがな(^^ゞ

まぁ、事務所に顔出しに行くのに、繁忙な時間帯にかぶらないようにと遅めに出たせいもありますがね。
ご挨拶した後、出店などちょろと見ながらお散歩。
博物館下広場の脇の林床に陽があたってる様子とか、なんか秋っぽくて素敵でした。

帰りがけ、公園出てすぐにコスモス畑があり、風に揺られるコスモスも秋を演出。

DVC10043_071021.jpg DVC10042_071021.jpg

時間帯のせいで、写真少し暗めや…



んで岐阜市に帰ってきて、今度は近所を少し散歩。
マーサ21に車とめて、晩御飯の買い物前に鷺山までふらりと。

金華山に登ったときかな??
鷺山(標高68m?の小高い丘)にも城跡があると書かれていた気がして。
(まぁ、山城でしょうが)


んで、ふもとまで来たはいいが、どこから登るかが分からない…
とりあえず以前O田君がサクラ実生をサンプリングした、白山神社の方へ向かって見る。

と、地区の地図があり、確かに城跡の文字も発見。
しかし、やっぱり何処から登ったらいいのか分からない…

結局、神社の境内を一周した後、断念。帰りました…

ちなみに、神社の裏手に獣道のような細く、なんとか通れそうな場所を見つけたが…うん、さすがに革靴+ジャケットの装備では気が引けるね。落葉後なら、くもの巣も無いだろうで、冬に再度攻略(略して再考)いたします。

てか、他に上り口はないのか??

次回は逆のすそを散歩してみるべきか・・・

といっても、数日前の話ですが。

今年は母樹4個体を用いて交配を行ったのですが、4本とも収穫してきました。
交配後にかぶせていた網袋、枝のラベルなどすべて取り払い、撤収完了。

今年もお世話になりました、百年公園様&コナラさんww



さてさて、今年の出来ですが (昨年と比較できる個体は1個体のみだか)
QA個体で結実率は42.7%とおおむね良好。昨年はこの個体の結実率は2割~3割程度だったので、それに比べて多くの堅果が得られたと言うべきか。

他の個体の結実率も、30~50%とどっさり。

もっともこれらの値は人工交雑処理を行ったものだが、林分全体で見ても、おそらく並作以上ではないかと。

他の地域はどうなんやろう。

やっぱいい気候であったと言うより、それまでの履歴が効いてるように思えてくるわ。
三連休のど真ん中、当研究室に今年度から来られた留学生の王さんに、金華と岐阜城を見せにいって来ました、後輩を引き連れ。

この後輩らが山好きなもんでね、けっこう楽しく登山ですわ。

のぼりは尾根沿いをまっすぐ登る『馬の背』登山道で。
380mほど??の金華山、30分足らずで登れるってすごいね。ま、結構ハードな道のりでしたが。途中からワンさんバテバテやし(^-^)

で、頂上でご飯を食べ(連休中やし、けっこうな人が…)、お城観光し。。。

お侍さんとかあんま興味なかったっぽいけど、竹中半兵衛の説明書きに「諸葛亮孔明」の文字を見つけて教えると、結構大喜び。さすが三国志。



帰りは今度『瞑想の小路』から。

岩場でバカやって遊んだり、

P1040811.jpg うん、バカだねぇ。

途中からキノコ撮影会に興じたり、、、、

DVC10043_071007.jpg

やっぱ、コケっていいねって話しになったり..........

DVC10045_071007.jpg

うん、ちょっと変な人らだったと思います。



最近キノコ出現率が高く…
一方、あれ、コナラはどこに行った!?
と思われないよう、そろそろサンプリングに行きたいと思います。

といっても、詳しくないからキノコ狩りなんてできないけどね。
よっぽど知っていないと、こわくて食べられませんわ。

ってなことで、自分はもっぱら採るより撮るほうですが。

先日の百年公園で撮影したキノコたちです。


DVC10048_071003.jpg DVC10045_071003.jpg

けっこうカラフルのもあれば…


DVC10047_071003.jpg なんと青っ!!


他にも白いキノコなど、ほんとたくさんの種類が生えていましたが。
(白は上手く撮れん。ケイタイ付属のカメラではいかんせん…)

やっぱ秋は視覚的にも楽しいのぉ。

なんと、先月は一件しか記事書いてなかった!?
放置しすぎです…(--)
あかんあかん。

まぁ、ネタが無いことはないのですが、いろいろごにょごにょ。。。

ほんとスミマセン。


さて、10月といえば、収穫の季節ですね。
百年公園のコナラのドングリも、そろそろ落下のピークを迎えます。

そんなこんなで、先々週、そして今日、試験地へ回収に行っておりました。

来週、全部を回収して結果を出すと思いますが、感覚的には今年は並作ではないかと。さすがに凶作が何年も連続するわけないしね。昨年よりは交配に用いた個体も堅果をつけているようです。

いっぽう、林分全体で見たら?
今年は園内でもかなりの本数、ナラ枯れが見られたようです。影響なくはないだろうが。
さてはて。

帰りがけに、山の幸少しばかりいただいてまいりました。

DVC10040_071003.jpg

後輩に投げやり…明日には食せるかもっ!!

copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。