燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
雨のおかげで、やっと過ごしやすく?
これから一雨ごとに、秋が近寄ってくるのでしょう。

そんな秋を呼ぶ、そして久々にまとまった雨にも関わらず、先日はその雨がちっとも嬉しくなかったです。
そっりゃ、360度近いパノラマを期待していたのですから…

28日(火)、後輩らと御嶽山に登っておりました!!

標高1800mほどの濁河温泉わきの登山道入り口から、4.5kmの行程。およそ2800mほどの飛騨山頂まで登りました。
登り始めが6時過ぎで、山小屋に着いたのが9時半くらいだっけ?
晴れていれば、3067mの剣ヶ峰まで行く予定だったんですが…視界も悪いし、あいにくの雨天。山小屋でお昼食べて、大人しく下りました。

なんてったって、山小屋で温度計が10℃を示していたし…

下る直前にガスが少し晴れ、三ノ池や摩利支天も見られた。

DSCF0866.jpg

視界を戻すと、濁河温泉の建物がちらほら。

DSCF0865.jpg

よくもまぁ、こんな山奥深い所に来たもんだ。
(そりゃ、行きの車、自分の運転にも関わらず、ホントしんどいってほど酔うわけだ)

そんなこんなで、景色はよく見られなかったけど、蒼い天上の湖も、お花畑もちらほら見られたのでよしとしよう。
素人ながらここまで登れたんだもん、上出来でしょう。
ま、心強い後輩らがいてくれたからこそか。

また気候のいい時に登りたいな。
暗いし、雨でほとんどカメラの出番がなかったんだもん。

そうそう、タイトルの後半部分を話すのを忘れるところでした。

空気が薄いと細胞が酸素足んねぇと訴え、心拍が上がるんですねぇ。ほんと実感しました。
スポンサーサイト
晩冬に訪れたこともあったのですが、夏の合掌造りも見てまいりました。withすずきさん

やはり下道で行くと、そこそこ遠いですね。


DVC10038.jpg

このように、写真として景色を切り取ると魅力的なんですがね。
舗装されたアスファルトの上から眺めると、そこまで感動しないってのも不思議なもんです。
東通りをのんびり歩くのは結構いいかも。

にしても、昨日も暑かったです。

展望がえられる荻町城跡まで登ったら、かなり疲労。
てか、舗装された道沿いに行くと搦め手でしたわ。空掘りを越えたはいいが、何処に天守があったかは不明。帰りは別ルート、大手口から降りる。町並みまではすぐ着いたが、コレが大手かって思うほど急な下りでした。

DVC10036_070826.jpg

156号に出てすぐ発見したコーヒー屋さん(名前をど忘れ…検索したのだが、結構新しい店なのか見つからない)で休憩。

暑いのでアイスコーヒーをいただこうと思ったのだが、いいカップがいくつか並べられているのを見て、ホットに変更。もちろん、カップも選ばせていただきました。碧がきれいな、ウェッジウッドのランボーン。

あと、白川郷の写真集を見せていただいたり。。。


帰ってからは、毎度お世話になっているお気に入りの『どない屋』に。
区画整備が入るもん、営業は年内までとか言われて大ショック。
あと数ヶ月、もう2,3回行くしかないねっ!!
ってことで、みんな岐阜に遊びに来てください。飲みに行きませう。
20日、
発表の後は、飛騨川温泉を堪能してもらい、その後バーベキュー!!
おいしいお魚の刺身に、恒例ビワマスの燻製っ♪

さすが農学部?数戸から色々な食材が集まったもんです。ほんま感謝!!

いっぱい食べて、いっぱい飲んで楽しんでいただけたのでは?

で、よく21日は岐阜大学演習林内を散策。

DVC10030.jpg

当研究室が建てた観測用鉄塔に登ってもらったり…

DVC10036.jpg

と、

その後がしんどかったな。
小一時間で回れるだろうと思っていた『光と風の道』、下り口はササを掻き分け掻き分け…
思った以上にしんどかったわ。

ほんまは一度、下見ができたらよかったんだけどね。

最後下呂温泉でのぼせて、帰ってきたらばたんきゅー。
みんなもお疲れだったわ。
ほんと、お疲れ様でした!!
生態学研究交流会で発表された講演は7題。

DVC10002.jpg

一題ごとの発表時間15分の質疑応答5分、計20分で回しましたが・・・もう少し質疑応答の時間を多くとっても良かったのかもしれない。
もっともっと議論がしたかったというのは欲張りか?
そうなると、時間のほうが…
まぁ、交流がメインと考えるのなら、これぐらいでよかったのかも。

演題一覧
ブナ(Fagus crenata)の花粉を介した遺伝子流動とそれに影響した環境要因. 花岡創.
核マイクロサテライトによって明らかにされた日本海型および太平洋型ブナ林における集団間分化. 平岡宏一.
カラマツ天然林集団における核マイクロサテライト変異. マルディア・ラーマ.
ソメイヨシノを母樹としたサクラ野生種との遺伝子流動に影響する要因. 石川啓明.
絶滅危惧種マメナシにおける遺伝的構造の解明. 今井淳.
分子生態学的手法を用いたササのクローン構造と生活史特性の解明. 松尾歩.
シデコブシ集団における交配様式構造(mating structure)の研究. 玉木一郎
▽Open more.
計23名の方々が集い…

IMG_0096_ed.jpg 撮影:花岡創

名古屋大学からは鈴木S子さん筆頭に5名の若手と戸○先生、名古屋産業大のN村先生!
はるばる東北大学からもT田君に松Oさん、京都大学からS吉さん!
岐阜大学からは学部生6人を含む12名の参加と、もちろんわれらが向I先生!
(参加者全員の名前は、交流会Web siteに載せてあります)

多くの方に参加していただき…ほんとにありがとうございましたm(_ _)m


特に、遠くから参加していただいた3名、名古屋からも遠いのにお越しいただいた7名の方、準備などほんといろいろ手伝って頂いた先輩後輩の11名、温かく見守っていただいた向井先生に、ほんとほんと感謝の気持ちでいっぱいです。(特にって言ったくせに、全員やん)

しゃ~ない、感謝の気持ち挙げたらキリがない。
まだまだ研究発表してしていただいた方々に、意見してくれた皆さん、食材の提供していただいた○木くんにI川や兼M、釣り上げた魚のおいしいお刺身に燻製、お肉も買ってきていただいたM井先生…

もっと挙げていいですか?
いや、こんぐらいにしておきましょうか。


この交流会を開催するに当たり、本当に多くのことを学ばせていただきました。もちろん、研究発表や林内散策からも。

最も嬉しかったお言葉は、「次回も楽しみにしています」とのセリフ。もちろんやりましょう!今後もっ!!

これからも両研究室(だけじゃなく!!)のますますの発展のため、学生主体となって今後も交流を進めていけたら、この第一回が本当に誇れる有意義な会となることでしょう。


こういうとき、うまい言葉が見つからないのが悔しいよね。
まだまだ言い足りない、伝えきれない思いがいっぱいですが、しばらくは余韻に浸っておきます。

多謝。


最後になりましたが…

このような研究の交流会をやってみたいと言ったのが、春の森林学会、森の分子生態学の懇親会だったけ…?
それからお互い連絡をとり、ここまで形にしていただいた、実行委員長??の花岡君と玉木君には本当にどうお礼を言ったらいいのか分かりません。
本当にお二方、お疲れ様でした。
そして、ありがとう!!
第一回森林生態学研究交流会 in Gifu

ferm_n_logo.jpg

準備にいろいろ戸惑ったり、前日になってもなんだか不安たっぷりですが、まぁうまくいくことを願っています。
というか、ホント皆さんが楽しんでいただけたらなぁ…

そんなこんなの勉強会、講演内容(タイトルのみ)が交流会のWeb siteにアップしてあります。また、"しおり"もダウンロードできるようになってます。(アップするのが遅過ぎだし…)
要旨は…アップするか現在検討中。

また会の様子も、Web siteで、あるいはここで報告できたらなと考えています。

車で来られる皆様、どうぞ安全運転でっ!
暑い日が続きますね。
夏といえばやっぱり海ですっ!!

ということで、久々に行楽日記です。


11日~12日にひさびさ登場、ささみのタヌキさんと遊びに行ってました。

DVC070812_00039.jpg

こんな海でね、ほぼプライベートビーチ状態っ!!
お盆連休のまっただ中だったのにねっ(^-^)

いやぁ、鳥羽まで足を延ばしたかいがありましたね。

この後、温泉に入って、蒸し料理のお店で舌鼓し…
いやぁ~大満足でした。

翌日も湯ノ山温泉すぐそばの蒼滝を見て癒されて、ほんといい休日やったしっ!!

DVC070812_00049.jpg

次回は岐阜でおもてなしいたしますよっ☆

森林生態学勉強会のサイトを更新しました。

発表の題数が増えたこともあり、スケジュールが少々変わっています。

また、注意事項も追加しました。

ferm_n_logo.jpg

今週中に、出来れば発表タイトルの記載が出来ればいいのですが…
台風の進路、気になりますね。

さてはて、どうなることやら…

被害が無いことと、オープンキャンパス時には晴れていることを祈りましょう。


まぁそんなオープンキャンパス後の公開授業に使おうかと考えてた、ケヤキ陽葉・陰葉の切片、なかなか上手いこといきませんね。

川窪さんに教えを請いましたが、う~んなかなか厳しいですねぇ、とのこと。

自分らでもやりましたが、うまいこといい試料が出来ない。そこそこ堅いくせに、薄いってのが難点。
まぁ、あと数日あるので、もうちょいチャレンジしますが…


そんなチャレンジ中の写真はこちら。

DSCN0923.jpg


写真中央に、気孔(孔辺細胞)がいくつか確認できます。

ちょい崩れかけた切片だもん、見にくいですが…

ほんとは、上手いこと柵状組織の厚みがわかるような写真が得られれば良いのだが。。。
そりゃ、綺麗なキャンパス見てもらいたいわな。
中身ももちろん重要だけど、外見もすっきりさっぱり…ということで、今日、キャンパスの清掃?(草むしり)でした。

もぉね、

思いっきりサボってしまいました!!
ごめんなさい。。。

言い訳するとね、はじめ17時からと聞いていたんですよね。
「おそらく17時からだと思うが、確認します」といった意の張り紙は読んでいたのですが、自分で確認せず、17時からと思い込んでいました。
ふたを開けたら、16時からで…
ちょっとお出かけから帰ってきてみれば、ことはもう終わっていましたとさ。。。
はい、いいわけです。

▽Open more.
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。