燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
卒論のテーマを決めるとき、モミ(樅;Abies)をやってみないか?と冗談で進められたことがあります…

まぁ、御覧のとおり、コナラ属を現在は研究していますが。

そんな私、燃海は今、もみじの花に夢中になっています!!

よく観察すると、非常に魅力的なんですよ。

たまたまサンプリング中に見たイロハモミジ、一つの個体内におしべだけを持つ雄性花と、おしべとめしべ両方を持った両性花が混在して咲いていた。

DSCN0834.jpg 左上が雄性花で右下が両性花

イロハモミジの雄花↓と、   雌花↓。
DSCN0838.jpg DSCN0832.jpg

雄花はよく見ると、内側に白い花びらが隠れていた。7~8本の雄しべをもつが、それぞれの葯の裂開の時期にはズレがあるのか?
もう花粉がこぼれている葯と、まだ赤い葯とが混在。

両性花の子房には、すでに翼(プロペラ)が発達し始めている。また、雌花が受容期になっているが、雄しべの葯はまだ開いていない。多くの植物同様、一つの花の中でも雌期と雄期に。

よく調べると、カエデ属の多くの樹種がこのような雄性雑居花であるらしい。
そして面白いことに、イタヤカエデではその雄性花と両性化の割合は、半々のものもあれば、ほとんど雄性花ばかりのものがいたり、個体によって大きく異なる*1。この種では両性化におけるおしべは退化し、痕跡程度で機能していないらしい… んで、なんと、個体によって雌性先熟であったり、雄性先熟であったり*2!!!

おもしろいねぇ~。
いろいろ空想して楽しんでおりました。

いや、自家不和合性かどうかだけ確認しておきたかった…


このような魅力を知っていれば、名に負わば…と、研究テーマに選んでも良いのだが。。。

遊びでいろいろ実験してみるか?
▽Open more.
スポンサーサイト
先日の散歩中に撮った写真。

DVC00127_070411.jpg コバノミツバツツジ

長さの異なった雄しべが存在するのが分かっていただけるだろうか?

コバノミツバツツジは一つの花に10本の雄しべを持つ。
この空間的な位置は、長く突き出した2本、その手前に3本が、そして奥まった外側に4本と、再奥に短い1本といった具合に、4つにクラスタリングされる(長束学 2007)。
この位置の違いに着目した彼の研究には、ホント興奮した。

それぞれのクラスターに位置する約から、花粉を全てカウントしたその仕事量もさることながら、示されたデータには感動です。

長束(2007)によれば、空間的位置によって、葯中の花粉の数は大きく異なる。
またこのとき、個体ごとに一つの花が生産する花粉の総量は違うものの、一つの花におけるそれぞれのクラスターの雄しべに含まれる花粉の数の割合は一定だと。

面白いねぇ~。

葯の場所によって花粉の数が異なるというのはどんな意味があるのかと、色々と想像を掻き立てたり。
すぐに思い浮かぶのはポリネーターとの相互作用。蜜を吸いに来たポリネーターのどの位置に花柱が当たるのか? そのとき、雄しべはどこに??
ポリネーターの種類によってそれは異なるだろうし…
それと葯の成熟のタイミングは?
自殖との関わりは??

もう、この花を見るたびに興味津々!!

やっぱ、生態学はそこが楽しい。ww

▽Open more.
今年も交配を百年公園において行おうかと考え、今日は現地視察。
というか、散歩ですね。

園内の散策路をぷらぷらと、写真など撮りながら嬉々として歩いておりました。

サクラの写真も何枚か撮ったんですが…
うまく撮れないですね。

ということで、いつも通り足元の花に落ち着くわけで。

DVC00128_070411.jpg DVC00126_070411.jpg

シャガは先日kazuyoo60さんのページで見た写真の方が綺麗だったな…
もうちょい、雄しべのもじゃった感じがうまく撮れると良いのだが。

これらはしゃがみながら撮っていたんですが、一面に生えたムラサキサギゴケの花畑を撮るときは、ほんま這いつくばっていましたからね(^^ゞ

はたから見られてたら。。。

DVC00129_070411.jpg DVC00130_070411.jpg

サクラの花も好きだけど、けっこう色んな草本が咲き始める足元にも春の訪れを感じられますね。

ということで、大学構内で撮った花の写真ですが…

オレって、青色の花がすきやなぁ~と思った一日。

DVC00123_070408.jpg
さてはて、学会が終わって一週間がたとうという頃ですが…
まだ森林学会については何も書いていない気が。

めんどいなぁ~って気持ちのが最近は勝ってきて…

個々の発表について、色々考えさせられることや、その場では聞けなかったことなどいろいろあるのですが、ま、それは追々。

毎回、学会に行って思うこと。

・他の研究室が何をやっているのか?これを感じることが出来る数少ない機会である学会は、かなり面白い。

どんな内容の研究をしているかだけではなく、そのときどんな手法で、さらにはその先何を目指しているのかを垣間見れたら、ほんと勉強になりますよ。改めて、自分の研究の方向を見直す機会になりますからね。
もちろん、
他の研究室には無い、自分らの独自性を今後より主張していくことにもつながりますしね。

・学会は所詮、同窓会だ。されどそれこそ重要?

おやっさんらの集まっているのをみると、ホントそう思いますね。でもまぁ、この同窓会のような意味にも重要な面があって。自分らも同期と話しができる機会でもあり、また人とのつながりを増やせる機会でもある。

・この大学には勝った!!とか、負けた…、とか。

もちろん、ハード(箱物)のレベルの比較は簡単なのですが、それ以外にも学食の値段と味など、毎回何気にチェック。その大学がどのような環境に置かれているかなどが伺えて面白い。(例えば、自宅生の割合が高いあ岐阜大学の学食はちとしょぼい)
今回の九大、学食はしょぼかったわぁ~。そら、弁当や外に人が流れるわ。
あと、学会の運営。開催大学における林学のレベルが問われるね。

さてはて、今日の日記はこの辺で。
ブログ記事なんて書いて、サボっています。

いや、書きたいことがぎょうさんあるだってっ!!(言い訳

と言うわけで、まずは学会でのあれこれ。


学会のたび思うわけですが、今回も多くの人に感謝感謝です。

まずは、自分のポスターを見に来ていただいた方々に。

貴重な意見の数々、ありがとうございました。
今までは遺伝解析がメイン?だったりして、フィールドに出ることが少なかった私にとって、生態学的な情報は重視できていなかったんですよね。

博士課程になって繁殖生態に関連する研究になり、人工交配はもちろんのこと、何度も実際に樹を見ることが増えました。そんな中で、新たな発見や興味を抱くこと、そして疑問の数々がわいてきました。そんなこんなを経験し、もっとメカニズムと言うか森の中でこの木々が何をしているのかを知らなければ、自分の取ったデータでは何もいえないのでは?と思うように…

今回はそんな基礎的なバックグラウンドを埋める意味も込め、遺伝子には触れない、素の?データで発表させていただきました。
一方それは、専門と呼ぶにはまだまだ。。。

そんな発表にご意見、ご指摘いただけたこと、とても嬉しく思っています。

ま、何が正解だったかって、発表する部門を『生態』ではなく、『造林』にしたところでしょう!!
おかげで、発表が2日に。
3日のポスターのように大忙しになるわけでもなく、また自分が聞きたいポスターとかぶって、興味ある発表が聞けないと言うこともなく。
めでたしめでたし。

そうそう、んで発表に関して、色々メールおくらないかんのよね。

H谷川君には、まだ完成したPDFを送って無いしっ!!!!
(いやぁ、富Tくんに別刷り渡そうと思って、すっかりわすれていたんだっけ… ごめんっ!!)
あと、U田さんにはメールしたけど、その他T川さんにもメールかえさにゃ… (ごめん、みんなもうちょい待って… こんな記事書く前にってツッコミもごかんべん…)
えっとぉ、あと他にもメールしようと思った人いたはずなんだけど…
あかんあかん…寝すぎで頭から記憶が抜けたか??
てか、帰ってきてからのど痛いし…

頭の日曜、1日から学会に向け福岡へ。
4日の深夜に岐阜に帰着、翌日から日常が待っているかと思いきや…

まず、疲れのせいで、朝起きられないっ!!

いやぁ、年とったわ。

三日三晩飲み歩くのがしんどくなるとは…
いや、3日の耐久レースはしんどかった。

というか、10時間もかけて車で行く学会ってのが、ほんましんどい原因やろうな。

そこら辺は、造林学研…角張さんから受け継いだものなのだろうか?

帰ってきたと思ったら、やれ部屋の片付け(研究室の)や…
なんだか、ちっとも仕事になんないぞ?

そうそう、コナラも開葉し始めて、実験の準備もせにゃならん。

こんなんで、宴の席で宣言した、6月までに投稿って、出来るんだか・・・

頑張ろう。

さてはて、4月になって新学期の始まりです。

昨年度の一年、仕事ようせんかったために、卒業が遠のいています。
この四月からダブり1年目です。

分野的に3年で出るのは難しいとの声もありますが、自分の場合、それは言い訳です。改めて気を引き締め、今年度で博士号取れるよう頑張りたいと思います。

copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。