燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
昨晩も見てました(^^ゞ

Janko Tipsarevic vs. Andy Roddick

こりゃ完全に昼夜逆転やね・・・

でもやっぱ男子の試合はいい!!
特に、芝のウィンブルドンは。
ビックサーバーの試合なんて最高です(^^)v

この試合でもサービスエース量産!?
200kオーバーのサーブはやっぱ見てて気持ちいいねっ!
そんな試合は1ポイント1ポイント、目が離せない。

内容に関しては…ロディックもう少しがんばって欲しかったけど、そこは相手の選手(初耳やった)がよくやったといったトコか。(最後のゲーム、それもダブルフォルトで幕を閉じたのは残念だったけど…)

それにしても、フェデラーの対抗馬が見当たらない。初戦、第2試合目(対ヘンマン)も順当にストレートで勝ち上がって来ていますからね。プレイは見てなけど…今年もチャンピオンの座は安泰か!?
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

帰って来ましたね~、ヒンギス!

まだ一回戦なので、その真価はまだ分かりませんが…
相変わらずあのゆるさは健在(^-^)!!

上位進出してきたら、また面白い試合が期待できそうです。
あ、メンタルの強化はできたんかな?

▽Open more.
いや~、ついに始まりますね!

え??

いやいや、サッカーワールドカップの決勝トーナメントじゃなくて。

ウィンブルドン2006です!!
公式ページ

今日から2週間にわたる寝不足の日々がっ!!
とは、ならないんですよね~。

さっそく今晩0:00~NHKで放送もされますが、今日は女子の試合だし…
それも、毎回はじめの週は日本人プレイヤーの試合なんかを放送するもんで…興味なし。
せっかくだから、オープニングマッチ(昨年の覇者が第一試合)をやってくれればいいのに~。

まぁ、今回もベスト16が出揃ってからかな~、熱を入れるのは。

男子は今年もフェデラーかっ!?
いや~、楽しみです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

コナラの鉢、もとい、ビニポット内、敢えて抜かずにおいたカタバミ。

花が咲いていたので写真を。DVC00058_060624.jpg

DVC00059_060624.jpg コナラとカタバミの競演?

サイズのアンバランスから来るものか…
なかなか不思議な世界です。

ちなみにこのカタバミ、花色が薄紫。
外来のムラサキカタバミか?

--6/25の追記--
と思ったら、隣の草(葉の形が違うヤツ)の花でした。完全に間違ってました。込み合った鉢だもんで(^^ゞ
カタバミには今日になってつぼみが付きました。

テーマ:つれづれ。 - ジャンル:その他

授粉から約8週間後の堅果の内部発達。

DSCN0704.jpg

胚珠がずいぶんと大きくなってきた。さすがに胚珠内部の各器官の様子は、実体顕微鏡では確認し難いが。

驚いたことに、一つの子房内にある6つの胚珠のうち、一つがこの時期にもう他と比べて大きくなりだしていることを確認。

DSCN0708.jpg

写真はオープンの堅果を解剖したものだが、微妙にそれぞれの胚珠の大きさが異なるのが分かる。

さぁ~て、コナラにおけるこの胚珠の6分の1の絞込みの適応的意義だが…
なんやろ。
最近コナラが、『愛すべきおバカちゃん』に見えてくる…
恒例の堅果生存チェックに行ってきました。

DVC00058.jpg

結構大きくなってきました。
とは言っても、まだ直径3~4mm程度ですが(^^ゞ

といった、サイズもかわいいドングリに対し、これはでかかったぁ~

-- 以下、毛虫とかイモムシが苦手な方はご遠慮下さい --
▽Open more.
ふっふっふっふ・・・

貴様は袋のネズミや!!

(いや、猫だし・・・)

おとなしく堪忍せいっ!!!!

(ってゆ~か、自分からもぐり込んでるし・・・)

袋とか箱とか、ホンマ好きだね~、君は…

DVC00053_060619.jpg DVC00055_060619.jpg

ま、かわいければ何だっていいんです!!(^^ゞ

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

お久しぶりです! この土日は静岡に行ってました!
え~、建前は「後輩の結婚式2次回参加」

いやいや、建前じゃないっすよ!?
当初は日程的にきついもんで行こうか行かまいか迷っていたんですが…
でも、「おめでと」ってだけは言いたかったもんね。

親友のすずきさんが豊橋から載せてってくれるとのコトで、かつ、Tappyさんの宿確保とのこと。こりゃいいメンツで飲めるじゃないですかぁ(^^)/ってことで(これ、本音ってとこか?)、久々の静岡に。

でもホント、幸せそうな顔が見られてよかったよ。
これからもうんと幸せになんなよ~!!
あ、その後輩(花嫁さん)との写真、撮るの忘れた・・・(*o*;)

ま、いつも通りはみだしもんの我等は、その後単独行動。
Reinbow Cafe、何かかわってるし… 他にも色々と店舗変わってるとこあったり。すずきさんも言われるように、少しずつ静岡市が自分のホームタウンからアウェイに変わりつつある。かといって、未だ岐阜はホームとは言えないし…自分の居場所ね~。ちょっと物憂げ。

就寝は・・・なんと4時でしたか。そりゃ翌日昼まで起きられないわけだ。

で、やっとこさ起きたうち等は、せっかく静岡に来たんだからということで、一路海鮮丼を目指して!!
ま、何だかんだで清水のエスパルスドリームプラザ内のお寿司に。
地魚のにぎり1680円!!いやー、うまかったぁ~(T-T)
正直に白状しますが、回っていないお寿司屋さんで食べるなんて初めてでした!う、そうなんです未だビンボー学生ですから(^^ゞ
いや~、マジうまかった。静岡名物のシラスやサクラエビの軍艦もあって◎
やっぱ静岡といったら!これが食べたかったんだよね~!!

あ、これも写真撮るの忘れてた・・・

そんなこんなで、帰って来ましたが。
残念ながら、Tappyさんとは十分話せなかったね~。また次の機会をば!!
すずきさんとは道中の車内でずっとしゃべりっぱでしたが…やはりまだまだ語り足らん?? 
ほんままたゆっくり話せる時間作りたいねっ。
岐阜でお待ちしてますよ。あ、そのうち豊橋にも遊びにいかにゃ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

梅雨ですね。
ワタシ(>M)もクー(>C)も、気だるそぉ~にすごしておりますが

>M あの~・・・・・・…

DVC00056_060614.jpg >C にゃんだよぉ?

>M いや、とてもカワイらしいたたずまいでいらっしゃいますが、

>M ヤバくね??その、お腹は…

DVC00054_060614.jpg >M >C ・・・・・・・・・

>C 文句あっか!?

>M いえ。ごめんなさい(T_T)私が最近あんまかまってあげられないせいです。
>M 今日は一緒に遊ぼうねっ♪
う・・・ 連日深夜の放送を見ていたため、眠いっす。
そうそう、土日の夜中、いい試合だったもんで(^^ゞ
え、
サッカー?
そんなもん知りません。
テニス、全仏オープン決勝のことです!!

ひっさびさに見たんだけどね…

まず、全体について。

いや~、クレーの赤さが目にしみる。最近はほとんどウィンブルドンの緑しか見ていませんから(^^ゞ

それに、クレーのコートだと、ボールのバウンドが全然違いますね。それがプレースタイルに大きく反映。ラリー続くし。サービスエース、少ないし・・・(T_T) ま、これは好みによるか。

あと、

民放だから??放送局のせい??
アナウンサー&解説者、うるさい!!!!
せめてプレーが始まったら黙れ!!!!!!!!
ローランギャロスの観客が出来る当たり前のマナーを、なぜあんた等が守れんのや!
もぉ、これにはマジギレ。

はぁ~、ウィンブルドンのがやっぱ俺好みだね。
解説者も、ボールのバウンドによる早い展開の試合も。
試合中、サーブのコース打ち分けや、hit point to winとか表示してくれるのもNice!

フレンチオープンもいい画像の使い方あったんだけどね。両選手の顔がクレーのまたはグレーの背景に映されたり、平面に鏡を置いたような画像など。

さ、今月末のウィンブルドン開催を楽しみに待ちましょう。

では、試合についての感想。

------------
ココからはかなり熱く語っています。シーン回顧と感想など。テニスに興味ない方は読み進まなくてもきっといいと思います。
------------

▽Open more.
ふふふっ(☆_-)v

はっはっはっはっ!!

おめでとぉーー☆ぼくぅ!!

色々と試行錯誤の上、ついにこんな結果を出すことが出来た!!

060610aflp.jpg 本日のAFLP泳動像(まだ途中だけど)
DNAのバーコードみたいなもんです。(昨日からのゲルのため、少しきたないけど??)

このバンドパターン、修士の頃行なった実験でみられた共通バンドと同じサイズのバンドが得られていることを確認済み。
うむ、成功と言えるでしょう。

先日の失敗から何とか立ち直りました。

結局、Kitに含まれている10×bufferや、MseⅠ側primer+dNTPsを使わず、使用しているTaqに合わせたbuffer及びdNTPを使用。M側プライマーは過去に使用していた注文したカスタムのを使用。

いわば、初心に帰ったといったところか。

勝ったぁ!!
ふぁっはっは、AFLP、恐るるに足らず!!
例によって、堅果の解剖。

この時期、子房内に6つの胚珠がしっかり?(まだまだすっごく小さいが)確認できる。

DSCN0682.jpg DSCN0675.jpg

オープン堅果はかなりの割合で虫害にあっている。いくつか解剖してみると、鱗片はいだだけで侵入痕が見られ、子房は黒く変色、またまた中から虫。

DSCN0671.jpg 矢印の先が侵入痕か。

外見はそんなに違いはないのにね。

ではなぜコナラは被食された堅果でさえ、すぐ脱落させず、保持し続けるのか? 
ちなみに、授粉からこの時期までに交配を行なった雌花は、その半数近くが自然にはたまた自己中絶機能によって落下している。(現在堅果生存率は50%台、完全なオープンでは30%を下回る)
発達の劣る、例えば無受粉であったり、受粉したが自家花粉由来で受精が行なわれなかったものや、虫害にあった堅果から選択的に落下させた方が、より充実種子を残すことが出来るのでは?

そういった戦略をとらない理由は??

1.そんな戦略とらなくても十分な繁殖成功が得られるから
2.そうでない戦略をとることがより適応的

さてはて。

なんとかして2番目の仮説を検証してみたい。
それには、被食圧を組み込んだ、堅果のサバイビングモデルを構築して戦略間での比較を行なう必要があるのか。う~ん、その辺もう少し勉強しないとね。あと、それに必要なデータとして、雌花~堅果の投資量をCないしカロリー換算することも…

昨年の時点でもう少し煮込んでおくべきだったな、このアイディアは。
今日もサンプリングというか、堅果のモニタリングで関へ。
で、オープンの堅果も採取し、研究室に帰ってからは、はたまたチビどんぐりをいじくりまわしちょりました。

前回(5/25)の堅果の大きさは、幅が2.59±0.19mm、柱頭を除いた高さは2.21±0.22mm(mean±SD)でした。そして、今回はぁー!

幅 ; 2.76±0.27mm
高さ; 2.38±0.28mm

おぉ(^-^)おっきくなって…ないねぇ~。
上記の単位はミリだし。

fig060608.gifヒマなのか知らんが作図してみたり。

さらに全く成長してないんじゃないかと疑いたくなる。

もう受精が終わって、そろそろ堅果内部器官の発達が始まり、それに伴って堅果もぐっと大きくなってよさそうなもんなのに・・・

DSCN0674.jpg

ちなみに、横(写真では上)に置いてあるのはまち針。
堅果の小ささ、イメージいただけた?

これを解剖するんですよ!
気が遠くなる… ブナはいいよな~っ!雌花があんなでかくて・・・

さ、続きの投稿はまた明日にでも。
実に3年ぶり?にAFLPを。

で、シーケンサーで流してみると(?_?ゞ
うまくいってない…

あぁ、これがいわゆる3年のブランクのせいなんだろうか。
いや、それとも以前の静岡から、岐阜に移ったことによる、何らかの環境変化のせいか?(岐阜に移ってから当研究室は誰もAFLPやっていないor成功していないと言うべきか?)
いやまてよ…
キットのせいも考えられる。
以前はselective amplicationには別に発注したプライマーを用いていたが、今回はキットに付属のプライマー及びPCR bufferを用いた。そのせい??(プライマーの分量やバッファー、Taqとの相性などなど)

QsAFLP_test_060603.jpg 汚い画像でゴメン。各レーンの説明は省略!

今回の泳動像は、同じプライマー対を用いた以前の泳動と比べ、かなり薄い。一方、増幅されたバンドのうちいくつかは、前回増幅された共通バンドとほぼ同じ長さが得られており、pre-selective ampまではやはり成功しているんだろうな~。

只今ゲルの重合待ち。
さて、Taqの量や種類を変えて、もう少し試行錯誤。
下の写真のような過去の栄光を再びっ!!

E-ACA-M-CTA-1.jpg 修論の時のAFLPデータ。
人は世界を見ようとするとき、一つには遠くを見る。

双眼鏡、望遠鏡、宇宙の遠くまでを見つめ、その世界を知ろうとする。
(ちなみに、宇宙を見る場合、距離的な遠さのみならず、時間的にも遠い世界を見つめている)

一方で、ごくごく小さな世界をのぞくのもまた、世界を知る一つの方法であったり。
顕微鏡等を用い、マイクロからナノレベルまで。

自然界を知る方法も、このアップスケールとクローズアップとに分けることが出来る。
広いし視点から、つまり地球レベルでの生態系を見てみるというのはその前者に当るのだが、では後者は??

簡単に言えば、箱庭ですよ。またある人はアクアリウムと言うかもしれませんが。半閉鎖的な環境下における、自然の振る舞いを見ることによって、地球規模の生態系の関連を推し量ろうと。

ココまではポケ~って考えていただけのこと。別にたいしたことはない。自分の実験、盆栽を使ったら楽なんかな~ってのが、紆余曲折してこんな発想に至ったわけです。

そう、盆栽見たく、ミニチュア樹木なら、人工交配とか楽そうだし(^-^)?? 実験室内で栽培管理も容易。ったくね~。それなら鼻から草本使って実験しろよってね!

さて、冒頭はこんなもんにしておいて…
本題。

どうぞ、私の小さな世界をご覧下さいな!

DVC00057_060601.jpg かわいいでしょ~(^-^)

3年生のコナラの実生です。鉢は上の径10cm、高さ10cm程度のもの。
林床?には苔を配してみました。

先日の湿気で、なんかのキノコも生えていたし。

DVC00058_060601.jpg

でも、翌日には消失! ナメクジか何かに被食されたか!?

7階の北向きのベランダという環境にあるこんな小さな鉢にも、小さな世界が回ってるんです。
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。