燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
ただいまです。
そして、ごっつ眠いです。

今朝は5時に岐阜を出発し、先ほど(21時過ぎに)岐阜に戻ってきました。
えっと、途中が抜けましたが、まぁ、タイトルご覧のとおり、静岡に行ってまいりました。
富士山組に便乗させていただいたもので、自分は車出していないし、結構楽かと思いきや 寝不足+コナラ作業+運転交代で、現在おめめがしぱしぱしております(T_T)←一説には、コナラ花粉による花粉症ではとの声も…

で、空き時間に撮影した写真だけアップしてかえりま~っす!

DVC00041.jpg DVC00042.jpg DVC00043.jpg DVC00044.jpg

静岡大学苗畑にて撮影。
これ、全部携帯電話のカメラで撮影!! 接写能力に関しても、私の持っている古いデジカメを凌駕している!?

あとは、"静岡だから"と撮った写真。

DVC00046.jpg

日本平ですから!
一旦刈った後、新たな新芽がでてきたといったとこか? 綺麗な若葉色でした。曇っていたため、色が映えん。致し方ない。

そんなこんなで、おやすみ~☆
スポンサーサイト
24日(月)は、静岡にコナラの雌花のサンプリングに行っていました。
まずはその1週間ほど前の話。
18日かな?
(この日の記事は何事も無かったように書かれているが…)

このとき、静岡にはコナラの人工授粉のために訪れていました。
で、
またまたやっちゃったんですね~。

人工交配、こんな感じ↓で脚立使ってやっているんです。

DSCF0770.jpg

で、ですね~
その脚立は現場に置きっぱなしにするもんで、盗まれないようにと、自転車につけるワイヤー錠で木に固定させてあったんです。

そまり、何やらかしたかと言うと
その日、このワイヤー錠のカギを忘れてきたんですよ、
岐阜に。
取りに行きようがありません(T_T)
でも、脚立使わないと、交配は無理なんです(T_T)

で、しょうがないんで、某研究室から大きなペンチを借りてきて…


ワイヤー、切除!!!!

脚立が使用可能になりました♪

はぁ。
新しく鍵を買い、またかけ直してきましたよ。
まったくもぉ~。


と、ここまででしたら、いつものお茶目なミスと言うことですむんですが…
タイトルを良く見ましょう。

はははははははははははははははぁはぁ・・・・・

そうです
やってしまったんですよ~(T_T)

24日に行ったときも、その新しく付けた方のキーをまたまた忘れると言う、ミラクルを起こしたわけなんです。

ということで。
再度現場で…


キー、破壊!!!!!!

(T_T)

ははは
また新しいカギ、買いましたよ(T_T)
付け直してきましたよ。

なにやってるんでしょう。
また『二度あることは三度ある』と?

いやいや、今度は大丈夫(^^)v

今回は数字を合わせると開錠するタイプのを付けて来ましたら!!
ちなみにワタクシ、研究室ではコーヒーも紅茶もよく飲みます。
でも、どちらかと言ったら紅茶党?
家にいるときはもっぱら紅茶です。

で、稀にコーヒーを飲む、そんな朝の1コマです。

DVC00040-060423.jpg 大人しくしているかと思えば

部屋にコーヒーが薫るようになると・・・

 かなり狙っていますね~   DVC00042-060423.jpg

目を離すわけには行きません。
ほんとはゆったぁ~り、飲みたいのですが・・・

で、飲み終わって、空になったカップを放置しておくと…

DVC00043-060423.jpg DVC00045-060423.jpg

底や縁にわずかにも残ったコーヒーめがけて、マジ必死に頭突っ込んでいます(^^ゞ
そ、そんなに好きなの?って、いつも思います。

なんなんでしょうね~(^^)?
このコーヒー好きのネコ・・・

きっと体に悪いからって、めったに飲ませませんが…
ナゼに??

う~ん、ホンマ不思議なネコです。

風媒の樹種の多くがそうであるように、ポリネーターを誘引する必要の無いコナラの雌花も小さく、たいそう目立たない。

雌花は当年生シュート、それも雄花を付けている開花シュートに見られる。シュートの先端からは3つの葉が出ていて、雌花はこの3つの葉柄の基部に2~3個の雌花を付ける。
4月の中旬ごろになると、展葉が終わったシュートの先端に赤みがかった花芽が見られる。

DVC00042-060420.jpg DVC00039_M.jpg

分かりにくいね~。なんとなく先端に赤いぽっちを確認していただけるか?

それをまた実体顕微鏡で覗いたのが次の写真。

DSCN0412.jpg

このつぼみから三裂した雌しべを持った雌花が顔を出す。

DSCN0410.jpg DSCN0411.jpg

三つの反った雌しべは、受容期間中、表面が濡れたように見える。
また花期を過ぎると、反った花柱の先端から茶色く変色する。

DSCF0798.jpg IMG_0908.jpg

ちなみに、この雌花の大きさは大きく見積もったとしても2,3mmほどです。
コナラ風媒の樹種で、雌雄同株の雌雄異花。
4月上旬~中旬、開葉と同時に雄花の花芽も出す。

DSCF0790.jpg DSCF0776.jpg
イモムシみたい?

これは花柄にいくつもの雄花が鈴なりに付いた状態。
この雄花序はその後柄を伸長させ、花の間隔も広がる。
雌花が成熟する4月中旬から下旬には雄花序十分に垂れ下がり、この垂れ下がった姿から錘状花序と呼ばれる。
右、双眼実態顕微鏡(×20;Nikon)による拡大写真。この時期の雄花はまだガクの中に留まった状態(写真中の球状?のもの)。葯がいくつも並んでいるのが確認できる。

DSCF0805.jpg DSCN0409.jpg

やがてそれぞれの雄しべが伸び、葯が裂開、花粉が放出される。

DSCN0403.jpg DSCN0405.jpg

現在、興味本位で雄花序あたりの花粉生産量を推定中。
そのうちシュート単位、個体当りの総花粉生産量を出してみたい!!
が、年次変動は?
雌花生産量はそんなに変わらないらしいが、さてはて雄花は…
ご無沙汰、クーちゃんです!
登場は久々でも、毎日愛してますよ~

最近は写真を撮っていないだけです。
お待たせでしたね、CHOCOさん。存分に堪能してくださいっ!!この黒い塊を…

DVC00038.jpg DVC00040.jpg

しっっあわせそぉ~~~に、熟睡している姿を撮りたかったんですが、暗いですね(^^ゞ
ごめんなさい。
はい~、おめでとうございますっ!オレ。
よぉがんばったね、オレ。

いやいや、毎度お読みいただいている皆さんも、こんな記事に毎回お付き合いいただき、本当にありがとうございます!!

管理人が不在の間に?いつの間にかぞろ目(8888Hit)も越えているではありませんか!!
ホント感謝感謝です。
次の目標はついに大台の10000匹!?
達成したらお祝いですね~。

さて、ここ数日管理人は何やっていたかと言えば…
静岡と岐阜、せわしくコナラの交配等をしてました。また記事をあげますね。

今日はチカレてるから早々に退散します~m(_ _)m
▽Open more.
静岡で人工授粉処理した翌日…
今度は岐阜で交配準備、除雄及び袋掛けです。

今回の交配は、岐阜県百年公園さんに許可を頂き、園内のコナラ2個体で。

道沿いでアクセスしやすい枝に、こんな感じでドッサリと。

DSCF0813.jpg

遠くから見ると、花のようにも見えるんですかね。
まさにディスプレイ効果!!(密度効果とも)

側を通る一般の方々に、とことん質問されました(^^ゞ
そりゃ、こんだけ交配袋を密集させれば目立ちますよ!
ポリネーター(この場合は一般人)を誘引する効果抜群です。

難点は、一人一人に同じような答えを繰り返すこと。
ポスター発表で次のお客さんに「じゃ、初めから説明してください」と頼まれるような感じです(T_T)

ま、話すの苦じゃないんでいいんですが…どこまで説明すればいいのかがムヅカシイ。
「へぇ~、面白いことやってるんですね」と言わしめればいいのですが。
静岡の試験地での人工授粉処理完了。

一家系、交配袋7袋については、花粉銃を用いて交配。
30分もせずに人工授粉完了!!

つづいての交配デザインは、採取できた花粉の量の問題もあり、花粉銃は使わずに、耳掻きのうしろのポンポンを用いて…
これが案外時間がかかる!
交配袋をはずし、中の雌花一つ一つに花粉を付けていく。
雌花がまっ黄色になるくらい、十分な花粉を付けていることがまさに確認できて安心感はでかいが…

やっぱ面倒。

それに、手を伸ばしてやっと届くような枝で、一つ一つの雌花を処理するのはかなりしんどい。

また、袋を一時的にでもはずすことにより、つまり受粉時のコンタミの危険性は上がる。

しっかりと花粉を集め、出来るなら花粉銃を用いて交配した方が実験的にも効率もいいのだろう。

DSCF0809.jpg
ヤマザクラ

DVC00036_060413.jpg DVC00037_060413.jpg

花だけを一気に咲かせるソメイヨシノと違い、開花と同時に葉も展開する。このため、樹全体が桜色に染まるわけではなく、葉芽の赤みがかった色も加わる。花びらは結構白いのにね。
この緋色がかった色味により、遠くからでもヤマザクラかな~?と推測できたりもする。

私的には、べらぼうに花をつけるソメイヨシノよりも、ヤマザクラの咲き方のが趣きを感じられる。(オオシマザクラもよかよ~)
また、植樹され何本も林立するソメイヨシノに対し、山の斜面にぽつぽつと生育してる感じも好し。(花霞も悪くは無いが…)

う~ん、
やはりひねくれ者か?
花を遠くから眺めたり、サクラの木の下で…
そんな甘ちゃんではありません。

まさに花との接近戦です!

DSCF0793.jpg こ~んなこととか

なにやらやらかしてますね~。

で、花を見ながらの会話と言えば・・・

DVC00040_060413.jpg
こんな↑花でも
ミツバチは来よるんよなー。
雌花の受容期間は終わってる?
雄としての機能は果たしとるんちゃうか~。
とか、
雄しべの色が、白いものと赤みがかったものと…
フェノロジーの違い?花の盛りを知ることが出来る?
とか。

さらに接近して、こんな写真撮ったり、

DSCN0399.jpg

解剖して、蜜の量を測れないかと遊んでみたりと。

これが我々の花見の楽しみ方です?
さらにDNA解析が出来れば言うこと無し!?
これはこれで、ちゃんと花を愛でているんですよ!
酒井先生「これ論」出版後の進行状況を読んでいて、泣いてしまった。
4/7-4/8の記事である。

お悔やみ申し上げます。
そして、先生も早く元気になって欲しいですね。

犬と猫とでは年のとり方も違うのだろうが…
奇しくもクーは今5歳。

ペットを飼うということは、いつかはこの別れを経験しなければならない。
また、ペットに限らず、愛した人を、いつかは離れる日が来るのか。

別れが辛くなるから、愛さなければ良かったなんて、決して言えない。
また、悔いが残らぬよう、精一杯愛したところで、喪失と向き合えるわけでもない。

恋愛なんて特にだよね。
それでも誰かを愛さずにはいられないし…

はて、どうしたものか。

DkCF0051-06.jpg

ねぇ、くーちゃん。
前年に使用した花粉。
ずっと冷凍ではなく、冷蔵保存しておいた(忘れてた)んだが。

さて、これって使えるのかなぁ?

と、言うことで、培地作ってとりあえず発芽させてみました。

実験方法は、過去記事「コナラの花粉発芽試験」を参照。

対照として、先日回収したフレッシュな花粉も。
(実は花粉親が違うので、全く対照とはならないのだが…)


DSCN0392.jpg DSCN0395.jpg
左:昨年の花粉(花粉親;P19) 右:フレッシュ花粉(花粉親;P87)

結論、やっぱ冷蔵だとあかんなぁ~。
うーん、ちゃんと冷凍庫に入れとけばよかった。

でも、昨年の花粉でも、発芽率は10%ほどあるんだね~。
ま、使えなくもない。
でも花粉管の伸長量はフレッシュと比べて見ると、雲泥の差だね。

あ、この花粉管の伸長量、どうやって測ろうかな?
マイクロスケールに乗せてもいいのだが、くねってやがるし…
もういいや、
明日考えましょう。
本日、ホント久しぶりに花見をしました。
さそってくれた昆虫研のみなさん、ありがとうございました。

最近は研究室事情により、サクラを見て花見なんてしたことがありませんでした。
(うちの研究室ではサクラも研究対象としているため、この時期ゆっくりすることが出来ない・・・)
以前花見をした記憶って…新入生歓迎委員やっていた学部生の頃か!?
5年以上も前の話じゃんっ(>_<)

DVC00037.jpg 

奇跡的に撮られてたサクラの写真。花なんてそういやぁ全然見てなかった? 要は、昼間から飲む口実ですね。

少し風もありましたが、色んな人が集まり、たくさんの食材に囲まれ、いや、マジ楽しかったです。
今度は演習林宿舎で何かを企画せい!とのお達しも承りました!!
まじやりましょう。
多様性研の皆さんとも交流を深めねば。
いや~、ハードスケジュールでした。

おかげで、15時間も寝ましたもん(^^ゞ

いや、順を追って話すべきか。

昨日は、日帰りで静岡に行ってきました。

朝7時に岐阜を出て、高速使って3時間ちょい。

道中、高速道路から見える山々にはヤマザクラ?が咲いていましたし、浜名湖サービスエリア周辺なんてもうソメイヨシノは満開で。

DVC00035-060407.jpg DVC00037-060407.jpg

静岡では昨年に引き続き、コナラの人工交配を。この日はその準備で、除雄と交配袋掛け。
日が暮れるまで作業していましたよ。
先輩に手伝ってもらったと言え、ここまで時間かかるとは…
自分一人でやってたら、1泊せにゃならんとこやった。
ねこままさん、ありがとうございましたm(_ _)m

遅い夕飯を静大前の松楽で食って(おいちゃんおばちゃんらと久々に話し)、で、帰りは下道でGoー!

やっぱ5時間以上かかりましたよ。

家に帰り着いたのは午前3時・・・(T_T)
もうヘトヘトでした。

そりゃ、前日(6日)の深夜に映画見て3時過ぎまで起きてて、日帰りで作業してきて、帰り着いたらこんな時間で…
そりゃ、15時間も寝られますよ!

というか、前日もっと早く寝ようよって?
いやいや、そう分かってはいましたが、その映画と言うのがケビン・ベーコン主演の映画で。こりゃ最後まで見てしまいますよ。

でも、こんなコトやってるから、生活リズムがくしゃくしゃになるんですよね。3時に帰宅して、お風呂入ったりで就寝が四時だとすると、そこから15時間って… 19時(つまり、午後7時)!!
まったく、なさけない...

ところで、タイトルのことを忘れていました。
作業の合間を縫って撮影した写真です。
花の名前は… Kazuyoo60さんに任せたぁ!!

DSCF0773.jpg DSCF0765.jpgついでにワラビ

あたり一面、コナラの実生なんてところも。

DSCF0763.jpg DSCF0766.jpg


静岡のコナラ林は、春です。
覚書

4/7
交配袋掛け
及び、花粉採取用に切り枝を採取(5個体)

今年も花粉銃で交配をやるべきか?
どの用途にどれだけ雌花が要るかも考える必要アリ

あとは岐阜で行なう交配のデザインも考えなきゃね

フェノロジーはなかなか待ってくれない…

DSCF0762.jpg DSCF0767.jpg
学会2日目、テーマ別セッション「森の分子生態学」にて、『SSRマーカーを用いた受精した胚珠の分析によるコナラの配偶子間競争の同定』というタイトルで発表を行ないました。

久々の口述発表、憧れのセッションでの発表に少々緊張しましたが、前日から風邪気味で、ノドが痛いという不安要素もありましたが、なんとかそつなく発表できたと思っています。
プレゼン時間もほぼ予定通り?

反省点
・多くの情報を詰め込んでいたため、この研究におけるどこが魅力的で、どこが面白いのか!!といったことを、うまく伝えるようなプレゼンではなかったかも?
もっと、「この研究はこんなに面白いんだよ!!」と言ったことを、素直に伝えられる、そんなプレゼンをしなければ…
・要旨提出時に予定していた段階まで、結果を出すことが出来なかった。「今回は途中までですが…」というセリフを言わなければならなかったのが、とても悔しい!!
・テンパっていたため、東北大のK村さんのしていただいた質問に、その場で全く答えられなかった(T_T) 後ほどきちんと説明しましたが…

・満を侍して準備しておいたおまけのスライドが、思ったよりうけなかった…(T_T) 質問を頂いたK野さんにありがとうございます!よくぞ突っ込んで下さいましたと感謝して出したのに、全く会場がざわつかない・・・
み、皆さん、右下にいるクーちゃんの写真(生態学会のポスターに載せたのと同じ画像)が見えないんですか!? と、寂しい思いをしながら説明を続ける(T_T) 後で、「ネコ可愛かったです」とおっしゃって下さる方は数人いらっしゃいましたが…

そんなこんなのプレゼンでしたが、もしこのブログ読んでいらっしゃる方で、当日の私の発表聞いていた方がいらっしゃいましたら、ぜひ、感想・質問・ご意見・暖かいお叱り、お待ちしておりますm(_ _)m

また、縮小画像を載せておきますが、当日のプレゼンファイルを詳しくご覧になりたいという方がございましたら、メールください。PDF等に変換したものをお送りいたします。

t2ppt2006.gif

ただいまです。
森林学会から帰ってきました。

学会前日から体調崩し、熱+ノド痛い状態で3日間(T_T)
無茶なこともして、いまだ声ガラガラですが…
ま、実り多い学会だったと思います。

で、帰ってきたばっかりでゆっくりしたいのに~!!

今日は研究室の模様替え。
新四年も来るし、メンバーの入れ替えがありますので。
で、わしらドクター部屋も、増員。
なんやかんや動かしたり、そのせいであぶれたパラフィン釜を実験室に。てな訳で、今度は実験室の配置もどやどやといじったり。

やっと自分の席も落ち着いてきて、
さて、明日からはゆったり出来るかな~って思ったら大間違い!!!!

静岡ではコナラの交配が待っています!
そう、春爛漫、開花ラッシュのこの時期は、当研究室にとって一年で最も忙しい時期!! 色々と計画を立てる前に、フェノロジーはどんどん迫ってきます! 

あぁ、ゆっくりお花見と言うものを、久しく味わっていないなぁ…

そんなこんなで、皆さんへのブログでなかなかコメント出来ずにいます。悪しからず…
って、最近言い訳ばっかりですね(^^;)

学会で東京に来たついでに
修士まで同期の友人と、新宿で飲みました。
彼は社会人。
さすがに明日は平日なので、遅くまで引き止めることは出来ません(T_T)

とても話足りなかった感、満載でしたが。
しょうがない?

他にも会いたい方がたくさんいたのですが・・・

また、Tappyさんとも今日は十分話せずに。

私もそこまで時間余しているわけではない?

時間を気にせず語り合う、そんなことが出来る機会はかなり少なくなってしまったか。

その時間を作る価値があると思える人は増えていくと言うのに…
前々から聞きに行く狙いをつけていたシンポ
DNAといったワードが付いていれば、何でもいいんです。
そんなことはありませんよ。

今は繁殖生態生理に偏っていますが。
修士課程までは、連鎖地図にQTLといった、まさにゲノミクス領域をかじっていたので、未だ興味があるんですよ。

でもごめんなさい森長さん、それ以降私の頭の中の情報更新がなされていため、懇親会に行く勇気がなかったとです。

面白かったですよ~、森長さんの発表も。
ご本人もおっしゃるとおり、「閉じた森長、開いた森長」に関してはダメ出ししますが。
だってこの場合、閉じた森長さんには適応があるようには見えませんから! 人の生態学者なら、この閉鎖森長にも適応度を見つけることが出来るのかもしれませんが?(例えば、閉じている時は自己防衛とか)

そもそも、植物にとっての適応度って何でしょう?
クローナルプランツでの酒井さんのコメントにもあったように。

その分、宇梶さんのEST解析からの樹木(イチイ)の冬季の適応戦略は聞いていて面白かったです。
今の向井研には生態生理をやる人がいませんが、以前のような環境においては、まさに私たちがやりたかった生理とDNAとを結ぶ仕事なんでしょう。

新田さんの発表は、以前からその先輩(A元さん)といろいろ話を聞かせてもらっているので、すんなりと理解できました。早く連鎖地図とQTLマッピングして、面白い話を聞かせて頂きたい!!

只今、静岡市通過中。
懐かしい景色が飛ぶように過ぎてゆく。去った映像は取り戻し難い。
もう清水だ。

--森林学会に向かう新幹線にて--
コアタイムは11:00~?
先述のシンポに出ていたため、自分のポスター前に戻ってきたのは12:00過ぎ。
配布用にとポスターの縮小版を何部(20部ほど)かコピーしてきて、ポスター下にご自由におとりくださいと言った感じでおいといたんですが、その時点ですべて完売!!
「おぉ!! 結構皆さんに興味持ってもらえたんか!? いや、デザインがよかったんやろ~」などと考えていたにも関わらず…

大いなる反省。
自分のポスター前に、ほとんどいませんでしたm(_ _)m
こりゃ最悪やね。

うん。最悪や。
皆さん、決して真似してはいけません。せめてコアタイムだけでも、自分のポスターの前に張り付いていましょう。
参考として、Tappyさんのプレゼンを見てきます。
でも、Tappyさん、他の発表聞きたくないのかなぁ?

つまり、私が自分のポスター前にいなかった理由は…
言い訳は、同時期に聞きたい発表が多くあったこと。他の発表を聞きに、ポスター会場をうろついておりました。
結局、自分がきちんとプレゼン差し上げられた方は、10数人もいなかったのでは?
これではせっかくの発表も浮かばれないよね~。

ま、最大の原因は今回の発表に、私自身が自信を持てなかったことにあるのでしょう。データに自信を持っていたら、必ずポスター賞に応募していたことでしょう。
解析法には結構誇り持ってはいたんですが…如何せん、凶作のせいでNが足りん。
ここまですべて言い訳ですよ。

明日のオーラルのプレゼンは、この研究の面白さを存分にアピールできたらなと思っています。

大先輩片畑さん、いらっしゃいませ。
ということで、昨日はいつもの?「どない屋」へ。
うちで一泊された後、今は新居で荷物の山に埋もれてるハズです。

引っ越し、かなり大変そうですね~。
手続き等々、まだまだいろいろやらねばならぬことばっかでしょうが。

でも、当研究室は大歓迎ですよ!!
頼りにしまっせ~。

で、たまにクーちゃんにも会いに来て下さい。

今朝の鶴田家の一コマ

060401_082421_M.jpg 060401_082503_M.jpg

さすがドクター! 手馴れたもんです。
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。