燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
連大のゼミ合宿のため、明日から2日まで管理人不在となります。

できれば出先でもコメントの返信等したいのですが。
なんせ、乗鞍の山の中、ネットが繋がるかは絶望的です(T_T)

3泊4日も青年自然の家に監禁状態…

こりゃ気が滅入るわ。

と言うか、飲むしかない!! 九州男児のTappyさんも合流されますし?
というか、合流は今晩だし!!てことは、前夜祭か?
胃腸もつか心配になってきた…

願わくは、ここに写真が掲載されないこと。(注:宿泊団体リストに、岐阜大学大学院連合農学研究科という名が見当たらない!?)

あと、お願いと言うか…
帰宅後、過去記事にコメントがたくさん着いてるといいな~、なんて(他力本願)
スポンサーサイト
「遺伝子組み換えの表示について」に、ekoさんから長いコメントを頂いたのですが、ぜんぜん答えを返すことができないでいます。
それくらい、私の知識が薄っぺらいこともありますが、多くの消費者もそうであるように、その一つのコメントにたくさんの問題を含んでいるからでもあるように思えます。

そこで、今回は耐虫害に関するGMについて覚え書きを残そうと思います。

きっかけは、ekoさんのコメントより。以下抜粋↓
目の前に一本のとうもろこしがあって、見た目は、とっても美味しそうなんです。
それを虫がやってきて、食べました。
すると、もがき苦しんで、死にました。

もし、こんな光景を見たなら、遺伝子組換え作物を食べたいと思うのだろうか?

農薬は虫を殺すでしょう。
しかし、その効果は、一時的なものであり、農水省の発表では、皮をむく、茹でるなどの調理法方である程度は緩和できるわけですよね。
すると、調理する側がある程度は、その毒性を和らげることができるということです。
しかし、遺伝子組換え作物ではどんな調理法方でその効果を軽減できるのでしょうか?


▽Open more.
洗濯物をたたんでいたんですが…
ほんの少し、席をはずしただけで、この状態。

クーちゃん、何がしたいの?




そっか、よっぽど俺のことが好きなんだね!
シャツまでとっぴしたくなるくらい(*^-^*)
 ↑
(親バカ)
台風などの自然現象と、私の行動。

????

つまり、今日、というか、今、静岡!!
造林学研究室にいます(^^;

なぜ?というか、昨日の夜に急遽行く雰囲気になって、今朝出発を決定したしだい。

目的は、「岐阜大学大学院 連合農学研究科 学位論文中間発表会」

先輩の発表を聞きに…というか、運転手代行要員です。

そんなんだから、悠々自適というか飄々とした性格と言われるのでしょう。

コメント、返信、その他書きたい記事があるのですが、また帰ってから(夕方に静岡発)書きます。

<追記@Shizuoka17:16>
▽Open more.
ただいま。
静岡から帰ってきて、たくさんネタはあるのだが、今日はGM食品の表示について。

先日の講義「遺伝子組み換え作物の生態的インパクト」の導入として聞いた話より。
また、先ほどekoさんのブログを訪問したら、GMについての記事があったので。

基本的にこれ等は農林水産省のJAS法や、厚生労働省で義務づけられている。

簡単にまとめると、以下の表のようになる。
法律で定められた表示方法
1.遺伝子組み換えにより組成が変化するもの義務表示
2.遺伝子組み換えにより組成が変化しないもので、DNA又は遺伝子組み換えによって生じたタンパク質が存在する食品主な原材料の場合(注1)
義務表示
副原材料の場合(注2)
任意表示
3.遺伝子組み換えにより組成が変化しないもので、DNA又は遺伝子組み換えによって生じたタンパク質が存在しない食品主な原材料の場合
任意表示

(注1)「主な原材料」とは配合率上位3位以内であり、且つ重量が5%を超える場合を指す
(注2)「副原材料」とは配合率上位3位未満である、又は上位3位以内であっても重量が5%を超えない場合を指す

以上、参考・引用はAEONグループ、TOPVALUのページより。

▽Open more.
遺伝子組み換え(Genetically Modified)イネ
いろいろあるんですね。

例えば、コメにコエンザイムQ10を含むイネ。
平井先生のブログでも取り上げられていました。
8月18日の記事

その他にも、スギ花粉症緩和米として、スギのアレルゲンを含んだイネとか。

この組み換え体は、来週、静岡大学にまでいって受けてくる大学院の授業で取り上げられるので、詳細やその生態学的なインパクト等については、後日報告します。

興味ある人は、農業生物資源研究所のホームページに、簡便または、詳細な説明書きがあるので、そちらをご覧ください。

この遺伝子組み換え体ができるのは、やはりゲノムの物理地図が完成しているような、モデル植物ならではなのだろう。コエンザイムQ10や、Cryj1のエピトープ(スギアレルゲン特異的なT細胞によって認識される11-19アミノ酸)を、葉や茎ではなく、胚乳で発現させることが必要となってくるから。これについては、私よりささみのタタキさんの方が詳しいのだろうが… このイネの場合、貯蔵タンパク質であるグルテリンの胚乳特異的プロモーターを用いて、ターゲットをコメの胚乳中に蓄積させている。ほー。なるほどねぇ~。

でもやっぱ気になるのは、安全性だったりね。
組み換え体の選抜には、抗生物質耐性遺伝子がマーカーにされていたりするもんね。培地に抗生物質含ませて、選抜するのかな?また、ここらも勉強しなければ。

ちなみに、講義の名前は「遺伝子組み換え作物の生態的インパクト(Ecological impact of genetically modified crops)」
生態に浸透しないように、不稔性にする研究も行われているらしいよ。

というわけで、また来週!
▽Open more.
暑いからね~。
だれていますよ。
そんなこんなで?最近写真も撮っていないし、そういえばブログにも写真載せていないし!!

じゃあ、過去の写真をお蔵だし出ししますかぁ!
なんか、タイトルと内容が合っていないような…



昨日は実家に帰り、地元の友達babaさんと遊んできました。
で、題の通り…(T_T)

ボーリング3ゲームやっただけで筋肉痛になるなんて、どんだけ運動不足やねんって話ですね。その運動不足がたたって、昨年は腰を痛めたと言うのに!!
そんだけはしゃいでおいて、平均スコアは110そこそこ(T_T)
確かに、ボーリングやったのなんて、どれだけぶり?ってくらい、久々だったんですが…かっこわり~なー。

babaさん、今度は岐阜に飛騨牛食べに来てくださいな(^o^)/
さすがと言うのは、私の腕か?
いやいや、今回はSagaTM(LI-COR)と言うことにしておきましょう。
いや~、このソフト、きちんとGenotypingまでやってくれるのはいいのですが…多少問題を含む。

シーケンスの波形データまでも出してくれるのだが、いや、これは泳動像を解析しているだけかもしれない。増幅バンドの濃度が濃く、泳動画像では強すぎて白くなる部分を、バックグラウンドの色と混同している。レーザーで読み取りの際の値じゃないかも。これは要注意。

その他、スマイリング補正やらなんやら、allele sizeも決定してくれるし、同定したalleleのOutputなど、そこんとこは使いやすいよね。


▽Open more.
先日、日中ぼぉっとテレビをつけていたら出会った映画
戦場に咲く花

放送の翌日は終戦記念日。
この時間に放送するにはもったいない映画なのでは?それとも、60年と言う節目でもってしても、このような映画をゴールデンタイムに持ってくるだけの力は無かったのだろうか?ちなみに、その日の日曜洋画劇場はゴジラ… 全く言葉もありません。
戦争を知らない私たちの世代にこそ、こういった映画で大切なものを伝えていけたらいいのに…

中国人作家カオ・フォンの短編「葵花劫」を、ジャン・チンミン監督が映画化した作品らしい。葵花劫は知るわけないが、映画は日中合作とだけあって、日本人側の視点もうまく描かれていたのでは。主演、緒形直人の演技も良いが、その上司の隊長、平田満の汽車の中での表情が印象に残っている。

見てて現代の世界情勢や、日本の外交など、いろいろ考えさせられる映画だった。

senjouni.jpg
土曜にふらりと、それも思いつきで下呂までドライブしてきました。
岐阜市からは2時間半と、気軽に日帰りできる距離です。
でもね~

せっかくのドライブなのに、演習林内を散策したのに…
カメラを忘れた(*o*)!!

結構撮りたい花の写真とか、ブログのネタがあったのに!!
まだブログと密な生活していないから、そういうところが抜けているんだよね。
お昼に食べた、朴葉味噌と川魚料理のお店の名前も全く覚えていないし…

あとね~、せっかくのいい天気のドライブ日よりなのに、男二人かよっ!!
ちょっとそれは寂しかったね、トモさん。
また十分な観光もできんかったけど、懲りずに岐阜に来てくださいな。

帰ってきてからも野郎二匹で焼肉屋で飲んだり…
二日連続で、お酒飲んでたし(^^ゞ
そんなこんなで、私のお盆休みは過ぎていきましたとさっ!
[naoさんからの投稿です]

来場者数があの上野動物園を抜き、
いままさに注目の?旭山動物園に行って来ました。(北海道旭川市)
そして見ましたっ★ぺんぎん!!
はじめは、建物の中に入り水中トンネルをくぐりながら、まさに鳥のように泳ぎ回るペンギンを見。
つづいて、各種ペンギンが岩場で歩き回る様・ガラス越しにぷかぷか浮かぶ姿を見、
最後は、建物を抜け、外から見ました。
短すぎる足と、水中でパタパタする腕、無防備なおなかを本当にいろいろな角度から堪能でき満足しました。

ペンギンだけでなく、ここの動物園は観賞ポイント、説明書き等々工夫されていました!!
動物園でお客さんの『おぉー!!』という歓喜の声が至るところであがっていました。もちろん私が一番騒ぎました(^▽^;)
おかげで、38度の熱をだしてしまって今は寝ている始末です・・・
▽Open more.
花咲かせるホルモンか 2つのタンパク質が結合

と、京大のチームが突き止め、サイエンス。

記事を読むと、花芽形成のコントロール遺伝子FTを特定した後、それと対になるFD遺伝子を、ゲノム内の全遺伝子約26,000個の中から探したそうだ。
さすが、ゲノム解読がすんでいるモデル植物は違うねぇ~。今後もこういった研究が増えてくるのかな? ゲノム解読が終わっている、イネやポプラでも、ポストゲノム研究はどんどん報告されてきているし。

まずは、ささみのタタキさんのプロテオーム研究の成果に期待しますかぁ!
残念!

昭和シェル石油環境研究助成財団の萌芽的研究の研究助成に応募していたんですが、残念ながら今回は選考もれでした。
しょうがないですね。次こそ!!またチャレンジしますよ。

しいて言い訳するのなら、自分の申請課題は環境問題とそこまで強くリンクしていなかったとこかな。でも、そういった研究でも魅力あるように表現するのも能力のうちでしょう。がんばろっ

「ブナ樹冠部における樹液流の時空間変異」という研究テーマで応募したTappyさんはどうだったかな?
そういえば、そんなものもありましたね~
連大の共通ゼミナール。
8月の末から3泊4日の乗鞍合宿にて各人の研究発表せい!とのおたっしに、要旨は提出したが、「PPファイル等の準備はするの?」と、Tappyさんから聞かれ…
いや、私も聞いてないっす!
でもまぁ、作っておいて損は無いよね(時間があるのなら)。
と言うことで、以前ゼミに使用したファイルを掘り起こしてきて、ちょこちょこいじってみた。

ppseet.gif

と画像にはマテメソまであるが、実際のファイルは…
はい、そこまでです(^^ゞ
Resultsのあたりで、めんどくさくなって、いや、飽きたので修了。
はい、そんなもんです(^^ゞ
ゼミナールに必要なら、また直前にでもやりますよ。
日曜は研究室にほっとんど人がいないため、実験室が貸し切り状態。
そんな時を見計らって、こそこそ実験。
今日は久々にシーケンサー起動。
使うのは、まさに修論のAFLPのデータをとったとき以来だから、何年ぶり?はっきし言って、使い方忘れていました(^^ゞ
でも、何とかなってしまうところが流石だよね(^^)v で、こんな時ほど、泳動像がきれいだったりする。不思議だね~。



てなわけで、今日は気分よく帰れます。

画像については、敢えて説明はしません。
題名から妄想して想像して下さいなぁ!


あの~
クーちゃん、それ、私のバッグなんですが…

ちゅーか、入るの無理あるやろ?
バック変形してるし!



おいよい。
完全にくつろいでやがる…

そのまま大学に連れてって欲しいとでも言うのかね?
オープンキャンパスで疲れたことを言い訳に、今日はネット三昧。
先日見た、「皇帝ペンギン」の感想です。

見る前に感じていた疑問…
母ペンギン、父ペンギン、子ペンギンの声優が配されているのはなぜ?

う~ん
耳を塞いでいましたよ。
せめて字幕にしてくれ!でも残念!!岐阜県では字幕はロードショーされていませんでした(T_T)
名古屋まで出ても、一つのシアターしか字幕を放映していない。
なぜ?
やはり、ドキュメント映像にセリフを載せるのは蛇足なのでは。
必要な部分以外のペンギンの感情などは、見る側の想像などで映像からの汲み取らせてくれる方が私にとってはよかった。

そんなこんなで、批判はたくさんありますが。
一方、映像はすっごく良かった。
一時間半の放映時間があっという間に終わってしまった。
それくらい、リアルなペンギンの映像。そして南極の気候を映しだしていた。この映画作製のためには、なんと8880時間に及ぶ映像が撮られたそうだ。日にちに換算すると370日!! 実際に彼ら(リュック・ジャケ監督を含む4名)は何日間南極にいたんだろうか。
映画にされなかった部分に、どれほどの価値が含まれていることだろうか!?

ホントに映画にした方が良かったのか? もっと長い時間をかけたドキュメンタリーの方が、よりペンギンの子育てに関する愛情にしろ、生態にしろ、感動深いものが映像化できたのではないだろうか?
少なくとも、私にはそう思えた。

ペンギンが好きな人には、ホントおすすめな映像。
でも、ペンギンの生態まで含めたファンには、見ることを勧められません。


帰り際、Yahoo!ニュースを読んでたら、「食通なイリオモテヤマネコ」なるヘッドラインを発見!!

なんでも、特殊な環境と多様な生物によって、イリオモテヤマネコはネコ科の中で最も食愛好家となっているとのこと。糞の分析から餌動物が76種に上ることが明らかになり、これはネコ科の動物として世界一バラエティーに富むとのこと。
へぇ~。
この仕事は、琉球大COEの研究員の方がやられたようです。自分もニュースになるような研究成果をあげてみたいです。
この研究で、フンの分析によって…とありますが、どうやって餌となった種を同定できたのでしょうか。フンや土壌からのDNA抽出はKitで簡単にできる時代だけど、種を同定するプライマーは?
やっぱ視覚的な分析でしょうか?ふん947個って…大変な仕事量ですね。

うちのく~ちゃんもいろんなもの食べます。
何故かコーヒーが好きだし…
これも生育する環境のせいなんでしょうか?

最後は余談でしたが(^^ゞ
やっぱ猫でしょ!
いやまったく、たまったもんじゃない。先ほど温度計は38度を示していた。38度ですよ!?
岐阜に来て二年目。
未だこの暑さには慣れない。いや、生きていけるのか疑問…

と言う訳で、今日は涼しげな画像。

▽Open more.
▽Open more.
▽Open more.
この週末は、久々に大学からの親友と会うことができた。
同期の多くは修士課程を出て働いているので、会おうにもなかなか時間が合わないしね。

楽しかったね~。
大学のコトやらいろいろ話して(恋愛ネタも多かった)、あっという間でした。そんな岐阜市観光もできなかったしね。

トモ@豊橋さ~ん、また岐阜来てね。
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。