燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
最近、他力本願です。管理人はサボってます。

[ささみのタタキさんからの投稿]

知られているようで知られていない事実 パート2

モミさん 気を付けて下さい。
pHメーターの事実です。
電極に、KClを入れていると思いますが、あれは実は外に漏れています。
だから、bufferをpHメーターにずっとつっこんだまま放置するのは大変危険です。
これは、実際にpHメーターを製造している会社の研究者の話です。
▽Open more.
スポンサーサイト
[ささみのタタキさんからの投稿です]

なんだか、敵を作ってしまいそうな題名を立ててしまったのだが、そんなに憎いわけではない。
大学生協というと、全国どこの国立大学・私立大学にもあると思うのだが、
どこも似たり寄ったりでおもしろくも何ともない。
絶対 安いという宣伝をする割には、実際そうでもない。
皮肉っても意味がないのだが・・・・

さて本題なのですが、G大学には、どこかの弁当業者が大学構内まで入り込んでうりにくるというのはありませんか?
Q大学では、なんかいろいろと業者さんがやってきて、研究室までに入り込んで売ってくれるのだ。
いい面・悪い面もあるのだが、本当に忙しいときなどは、わざわざ買いに行く・食べに行くと言う行為が省けるので最高っす。そして、生協よりも安く・美味く・カロリー計算がよいっす。
以上、長々と書いてしまいましたが

箱ネコ

何故か、ダンボール箱に入るのが好きらしい。
それも、小さい箱に無理やり入ろうとするし。

というか、このダンボール箱…
▽Open more.
今更ながらに、花粉のお話。
チョコさんからコメントいただいたので、記事にします。

“コナラの花粉ははあまり飛散せず、昆虫によっても媒介される”
とも言われますが…

コナラの花粉は粒径がおよそ、20~30μmとされ、この値は花粉症の原因となるスギの花粉と比べてもさほど変わりは無い。
また、ブナ科のほかの樹種と比べても(ブナ;40-45, ミズナラ;25-30, カシワ;35-40)、さほど大きいといったわけではない。とすると、形によって飛散しにくいのでしょうか?

一方、コナラと同じように下垂した雄花を持つブナ科のクリは、そのような風媒花のような雄花を持つにも関わらず、虫媒の植物と言われます。クリの花は御存知の方もいるように、甘い香りを出し、多くの虫が訪来するそうです。それに対し、コナラの雄花はそこまでの香りを持っていない。さて、本当に虫によっても送粉されるのでしょうか?イモムシが、若葉と一緒に、雄花も食べているトコは見ましたが…

私個人の私見では、コナラはやはり、風によって花粉を運んでもらっているのだと思います。もちろん、多くの花粉は何百メートルも移動するわけではなく、すぐそばに落ちてしまうのでしょうが。

実際に人工交雑を行う際に、コナラの花粉を扱いましたが、鼻がむづむづしましたよ。
現に、コナラをはじめ、クヌギなどのコナラ属の植物による花粉症も報告されています。
スギ林を広葉樹林に植え替えるだけでなく、他に原因といわれる、私たちの食生活や生活環境の改善が重要なのかもしれません。
▽Open more.
rei2さんから、ブドウが届きました!
そうです、あのぶどう園からのブドウです。

rei2budou01

箱を開けると、何種類かのブドウが6房も!
竜王、巨峰、ハニービーナス、サニールージュもあったのかな?(rei2さん、間違ってたらごめんなさい!)
ずっとブログで見守ってきた、rei2さんのブドウだから美味しいってだけじゃなく、本当に味がしっかりしてて、これがまさに、土作りを土台としたrei2さんの栽培法のなせる業なのかな、と思いました。
本当に美味しかったです。6つの房が6つの味を出しているよう。甘みがしっかり乗った、それでいて、くどさが無いみずみずしい口どおり。別の房はあまずっぱく、酸味がきいていて(渋くは無い)。ハニービーナスは、マスカットのようで、(もっとブドウの味が濃いかな?)さっぱりした味が口に広がり。これだけ言葉並べても、十分に伝えきれないほど美味しかったです。

rei2budou02

あ、実は今回載せたこの2枚の写真… 半分くらい食べ終わってからのです(^^ゞ
ゴメンナサイ。食べるのに夢中で、写真撮るのをすっかり忘れていました。

久々に感動する果物を食べた気がします。おいしいと、ほっぺたが落ちるとよく言いますが、私は感動すると、笑ってしまい、ほほ骨が上に行ったまま顔が元に戻らなくなります。もちろん今回も。

あぁ~、やっぱまだ言い足りない気がするー!
もっと文才があればいいのにって、本当にそう思います。

あと私に言えることは、百聞は一見にしかず!!
これだけです。

まずはrei2さんのブログを読んでみては?
http://reirei.blogzine.jp/hyakusyou/
以前撮影した写真も小出ししていくことに。

ku-02
Fig.1


金沢のTさんとのメールとのやり取りから思いつき

「コナラの繁殖への投資と、生存堅果の割合に関する戦略」

まだどう言葉にしていいのか、どうデータを出して証明するのかはもやの中ですが。
とりあえず簡単な仮定と数式から、上記グラフを描いてみた。
さて、投稿論文として、どう煮詰めてやろうか(^-^)
▽Open more.
クー01


くーの毛づくろいポーズはヤバイです。
かわいすぎです。

最近は暑くて一緒に寝てくれませんが…
さて、新しくサイトオープンです。
これからも皆さんよろしくおねがいします!

ブログバージョンになったということで、これからは更新も頻繁に!?
ならないだろ~なー(^^ゞ

まだまだ作り途中ってコトで、気長に更新していこうと思います。
プロトコルや、研究内容など、できれば以前のサイトの内容を全部載せたいですね。あわよくば、日々の進行状況などを載せ、今まで以上に内容の濃いページに仕上げていけたらなと。

御意見がありましたらお気軽に!
森林の生態を遺伝的解析という異なった視点から探り、新たな見え方が出来ること。
フェノロジーや生殖に関する生態現象を、遺伝的解析により明らかにする。
また、植物の遺伝的分化、適応、進化?などについての片鱗をつかみたいとは思っている。

▽Open more.
ナラは日本の温帯二次林を代表する、風媒の落葉性広葉樹のナラの一つで、北海道から九州まで広く分布している。これらの森は、古くから農業や、薪や材として生活に利用されてきた。このようなコナラの林の保全は近年、経済的かつ文化的にも大変重要視されつつある。
▽Open more.
▽Open more.
博士論文研究テーマ

コナラの繁殖成功における遺伝分析に関する研究
▽Open more.
分子マーカーを用いたコナラにおける配偶子選抜の同定

鶴田燃海
生物環境科学専攻 森林分子生態学研究室

摘要
 コナラは、北海道から九州にかけて広く分布する、日本の温帯の二次林における主要な落葉性ナラの一つで、古くから日常生活に利用されてきた。近年このコナラの林分の保全は、生態学的また経済的、さらには文化的に重要視されてきている。林分の更新の成功をもたらす、受粉と受精から、種子の発達、散布、実生の生存、若木の成立までのプロセスを知ることは、これらの森を保全するにあたり必要となる。最近の分子マーカーの発達は、植物の更新における重要な知見をもたらした。マイクロサテライトマーカーを用いた解析は、これまでにコナラ属における花粉の飛散と種子散布の実態を正確に把握しつつある。それらの研究が遺伝子流動に目をつけたのに対し、我々は一連の更新過程における得に繁殖様式に焦点を置く。このマイクロサテライトマーカーを用い、受粉から種子形成までの期間における、競争又は選択について研究を行った。
 これまでの研究において、コナラにおける配偶者選抜は、2つの様式の人工受粉処理と、結実種子の遺伝分析により明らかにされた。2つの親を個別に受粉させた場合及び、5つの親の花粉を混合して受粉させた場合のどちらにおいても、自家受粉による結実種子は得られず、コナラが強い自家不和合性を持つことが確認された。我々はさらに、この種が持つ、交雑し易さの偏りを発見した。個別に受粉させた5つの家系のうち、他家受粉させたものにおいては、結実率に差が見られなかったにも関わらず、混合花粉による結実種子の花粉親には明らかな偏りがあった。マイクロサテライトによって決定された花粉親の割合は、多いもので50%(P87)だったのに対し、ある親(P20)は生産された種子の1%しか貢献していなかった。この花粉親ごとに差が生じた貢献度は、母樹からの距離に正の相関が見られた。また、マイクロサテライトから概算された花粉親の母樹との遺伝的類似度は、この偏りにある程度の関連性を示した。
 今後の研究では、より詳細な配偶者選抜を同定するため、受精した胚における遺伝子解析を行う。コナラを含むナラ属は、一つの雌花の子房内に6つの胚珠を持ち、受精後にそれらのうちの一つだけがドングリへと成長を遂げる。我々が目指す遺伝子マーカーを用いた受精した胚における父性の決定は、受粉してから受精までの期間に起こる配偶子間競争(いわゆる花粉管競争)と、受精後に起こる接合子間競争(受精した胚珠間競争)を区別して同定することができる。この研究が、植物の巧みな相手選びの手法の一部を解き明かすこととなるのを期待する。

Key ward: コナラ; 人工交雑; 配偶者選抜; マイクロサテライトマーカー; 父性解析; 遺伝的近縁度.
▽Open more.
ようこそ、燃えるゴミ雑記置き場へ。
しばらく放置プレイが続いているので、閉店も検討中ですが。
なんだかんだで古い記事に検索で来られる方もいるみたいなので、もう少し書き残しておこうと思っております。

--使い方--
 
INDEX より、ご覧になりたいカテゴリーを選んでください。一部の記事を除き、コメント、トラックバックできるようになっています。じゃんじゃんご意見お願いします。

日々のたわごとを、“日記”や、“おでかけ”に綴っています。

サイエンスネタの場合、“科学ネタ?”に書くかも知れません。

また、実験の様子やプロトコルなどが、研究のカテゴリに書かれています。

あとは趣味などのページ。

ネコ!!”にて愛ネコ、クーちゃん登場
たま~に“映画”のページも更新する予定です。
▽Open more.
2005/07/15(金) 20:00:00| このサイトについて| コメント:(0) |
ご意見、感想の書き込みから、ちょっとした一言まで、コメント欄をご自由に使って下さい。
過去に御投稿いただいたコメントたちです。
スレッド表示っぽく記載してみました。
▽Open more.
2005/07/15(金) 19:59:59| メモ/掲示板| | トラックバック:(0)
過去に御投稿いただいたコメントたちver.2です。
スレッド表示っぽく表記、新しい記事から降順。
▽Open more.
2005/07/15(金) 19:59:58| メモ/掲示板| | トラックバック:(0)
過去に御投稿いただいたコメントたちのver.3です。
新しい記事から降順。
▽Open more.
2005/07/15(金) 19:59:57| メモ/掲示板| | トラックバック:(0)
▽Open more.
▽Open more.
▽Open more.
DNA抽出に用いる試薬の組成
▽Open more.
▽Open more.
2005/07/14(木) 22:01:00| このサイトについて| |
リンクはフリーです。
▽Open more.
2005/07/14(木) 22:00:00| このサイトについて| |
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。