燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
土曜雪が降って、うっすら雪化粧された大学すぐ裏手の城ヶ峰(288m)

080224_DVC10002.jpg

日曜に、ガイド連れて(卒論研究のため縦横無尽にこの峰を徘徊していた人物)、雪遊びに行ってきました。

▽Open more.
スポンサーサイト
お久しぶりです。
どうやら一ヶ月以上…長いこと放置していたようです。
なんだか、記事の書き方忘れてしまったように思えます…(^^ゞ

まぁ、12月も頭からシーケンサーのトラブルに悩まされたり(結局復帰に2週間かかった...初期設定の不良って…グローバルコントローラーなんてキライだ)、なんだかんだ忙しそうにしていたんですがね。

この連休は久々に友達が岐阜に遊びに来てくれて、今回は美濃市観光をしておりました。
『うだつの上がる町並み』、『美濃和紙あかりアート館』、『瀧神社』に『片知渓谷』と、ほんといろいろ堪能しました。
これら詳細は、また後日。


とりあえずまずは、お城制覇のご報告。



『小倉山城址』


市営駐車場がね、2時間無料だし、お城というか小倉公園の駐車場も広く便利でしたよ。

図書館の方から登ったんだけどさ、天守が置かれていた場所素通りしとった(^^ゞ
なんせ、こういった丘にある城は、山頂に天守があるもんだと思い込んでいましたから…

何故か西麓から登り、山頂へ。頂上にはお城っぽい形の展望台が置かれ、ここからは長良川の清流、美濃市が一望できてご満悦。
城っぽくねぇなぁ~と、ぶつくさ言いつつ下っていくと、屋台みたいな建物?がちらほら…花見の時期は使われるのだろうか…山腹のこれらは、いと興ざめ。

とそうこうして下って駐車場を歩くと、やっと案内板を発見。あ…ここが二の丸だったんだ。。。
で、石垣の上が本丸。図書館あたりが三の丸だったんだろうか。

築城は1606年、戦国の世が終わっての築城となれば、そら堅固な守りも必要とせず、天守も街に近いほうが便利というわけか。


ちなみに、駐車場から見える石垣は建設当時のものが残されているらしく(つまり400年!!)、それにはちょっと感動。


071223_DVC10062.jpg 071223_DVC10061.jpg
今日の同窓会メールより…

ながら情報 その319
************************************************
教訓集 その5-7

一所懸命や無我夢中はひとりでやるもの。みんなでやると危険。
(安達洋祐著「外科研修の常識チェック」(金原出版)より)
************************************************


うんうん、この教訓、すっげーよく分かるっ!!!

大学祭の実行委員やってた頃を思い出します。
そんなこんなの静大農学祭が、来週末に開催されます。
ちょろっと顔出したかったけどね。
OBメンツとも顔あわせたっかけどね。
ちょっと余裕が無い…


さてはて、一方の先週末は岐阜大学でも学祭でございました。
そんな最中の日曜日、小一時間ほどお散歩に行ってきました。

場所は、前回気になると申していた鷺山!!


DVC10043_071104.jpg めっちゃ近っ!

はい、後輩のM田君引き連れ、登ってきました。
(いちお、68m)


何が問題やと、どこから登るのかおぼろげなのはともかく、車停める所が無いってのが問題ですね。住宅地の中ですから。
後ほど知ったが、南斜面は空き地もあり、そちらに回ればよかったのかも…


結局、神社に車を停め、参拝後に急な階段から山に入る。

ホント一瞬で山頂?まで着いてしまった。
小屋の近くには、鷺山城の説明書きもあったが、それ以外に城跡をしのばせるものは見当たりませんでしたね。残念。

実は整備された小道が何本もあってね、お散歩がてらにはよい場所なんでしょうかね。

にしても、植林されたっぽい桜(ソメイヨシノだろう)がぎょうさん…
O田くん、北斜面よりこっちでサンプリングした方が良かったかもね。


秋といえば…

まぁ、秋じゃなくても芸術鑑賞は大好きです。
数人でね、今名古屋のボストン美術館で開催されているレンブラントの版画展を見に行く予定だったんですがね、流れてしまったんで、一人で岐阜県美術館を訪れました。

企画展は、人間国宝-荒川豊藏。
絵画以外さほど興味あるわけでもなく観たことなかったんですがね、せっかくなんで常設展だけでなく、こちらも観てきました。目を肥さんとね。


まぁ、お茶なんて点ててもらう機会なんてないし、そんな文化にすら触れないもので、期待はしていなかったんですが。それでも、こんな茶碗で飲んだら、さぞかしおいしいのだろうと思ったり。感想は、思った以上に楽しかったです。

志野の淡い桃色、緋色というのか、落ち着いたやわらかさもいいが、瀬戸黒の重厚さもまたいい。
そうそう、瀬戸黒に、金に塗った葉を押し付けて紋様にした茶碗があったが、その黒と金の対比に目が引かれたというよりも、この葉はどの樹種の葉だろうかと鑑賞していたバカが一匹…(^^ゞ

結局、一番のお気に入りは…
う~ん、銘を忘れた。桃だか梅の宴といった感じだった気がするが、志野茶碗でした。

まぁ、銘を覚えてないくらいだし、焼き物にはまりはせんやろうな。陶磁器とかなん、使ってなんぼと思っているので。
使う機会のある方、触れることによって、より価値が見い出せるのだろうなと思ったしだい。
と、おき楽なものだったら良かったのですが…

調査自体はさほど疲れる仕事でもなかったのですがね。

六厩にある生態学研究室の試験地にて、プロット内の樹木(胸高直径8cm以上)のDBHの測定および、白ペンキの塗りなおし。
人数も多かったため、午前中でほとんど作業が終わったし。

このDBHの測定は、毎年行われていて、森林の動態や成長を見ることが出来る。
いいね、やっぱ固定試験地ってのは羨ましく思います。
それに、このような多くの情報が蓄積されているのも、本当に貴重だと感じます。
(それを維持するのに、エネルギーは要りますがね)

100年生の広葉樹林は紅葉(黄葉)の盛りですかね、ふと手を休めると、ほんとに素敵な景色に見ほれます。

もっとも、私の携帯電話に付属のカメラでは、その美しさを残すことあたわず…

もっぱら林床ばかり写していました。

DVC10046_071025.jpg DVC10052_071025.jpg

相変わらず、コケやキノコ…

ま、いちおう。。。

DVC10049_071025.jpg

とまぁ、綺麗だったわけですよ。

つまり、つまり、つまり…


夜が寒かった!!


おそらく零度近くまで冷え込んでましたね。
寒くて寝られなかったという後輩も。。。

そりゃ、作業は楽でも体力消耗しまずわな。

25日は帰ってきてそらぁ~、暴睡でしたよ。


今週??また紅葉を見る機会がありそうなんで…その時はゆったり見てきたいと思います。

三連休のど真ん中、当研究室に今年度から来られた留学生の王さんに、金華と岐阜城を見せにいって来ました、後輩を引き連れ。

この後輩らが山好きなもんでね、けっこう楽しく登山ですわ。

のぼりは尾根沿いをまっすぐ登る『馬の背』登山道で。
380mほど??の金華山、30分足らずで登れるってすごいね。ま、結構ハードな道のりでしたが。途中からワンさんバテバテやし(^-^)

で、頂上でご飯を食べ(連休中やし、けっこうな人が…)、お城観光し。。。

お侍さんとかあんま興味なかったっぽいけど、竹中半兵衛の説明書きに「諸葛亮孔明」の文字を見つけて教えると、結構大喜び。さすが三国志。



帰りは今度『瞑想の小路』から。

岩場でバカやって遊んだり、

P1040811.jpg うん、バカだねぇ。

途中からキノコ撮影会に興じたり、、、、

DVC10043_071007.jpg

やっぱ、コケっていいねって話しになったり..........

DVC10045_071007.jpg

うん、ちょっと変な人らだったと思います。



最近キノコ出現率が高く…
一方、あれ、コナラはどこに行った!?
と思われないよう、そろそろサンプリングに行きたいと思います。

雨のおかげで、やっと過ごしやすく?
これから一雨ごとに、秋が近寄ってくるのでしょう。

そんな秋を呼ぶ、そして久々にまとまった雨にも関わらず、先日はその雨がちっとも嬉しくなかったです。
そっりゃ、360度近いパノラマを期待していたのですから…

28日(火)、後輩らと御嶽山に登っておりました!!

標高1800mほどの濁河温泉わきの登山道入り口から、4.5kmの行程。およそ2800mほどの飛騨山頂まで登りました。
登り始めが6時過ぎで、山小屋に着いたのが9時半くらいだっけ?
晴れていれば、3067mの剣ヶ峰まで行く予定だったんですが…視界も悪いし、あいにくの雨天。山小屋でお昼食べて、大人しく下りました。

なんてったって、山小屋で温度計が10℃を示していたし…

下る直前にガスが少し晴れ、三ノ池や摩利支天も見られた。

DSCF0866.jpg

視界を戻すと、濁河温泉の建物がちらほら。

DSCF0865.jpg

よくもまぁ、こんな山奥深い所に来たもんだ。
(そりゃ、行きの車、自分の運転にも関わらず、ホントしんどいってほど酔うわけだ)

そんなこんなで、景色はよく見られなかったけど、蒼い天上の湖も、お花畑もちらほら見られたのでよしとしよう。
素人ながらここまで登れたんだもん、上出来でしょう。
ま、心強い後輩らがいてくれたからこそか。

また気候のいい時に登りたいな。
暗いし、雨でほとんどカメラの出番がなかったんだもん。

そうそう、タイトルの後半部分を話すのを忘れるところでした。

空気が薄いと細胞が酸素足んねぇと訴え、心拍が上がるんですねぇ。ほんと実感しました。
晩冬に訪れたこともあったのですが、夏の合掌造りも見てまいりました。withすずきさん

やはり下道で行くと、そこそこ遠いですね。


DVC10038.jpg

このように、写真として景色を切り取ると魅力的なんですがね。
舗装されたアスファルトの上から眺めると、そこまで感動しないってのも不思議なもんです。
東通りをのんびり歩くのは結構いいかも。

にしても、昨日も暑かったです。

展望がえられる荻町城跡まで登ったら、かなり疲労。
てか、舗装された道沿いに行くと搦め手でしたわ。空掘りを越えたはいいが、何処に天守があったかは不明。帰りは別ルート、大手口から降りる。町並みまではすぐ着いたが、コレが大手かって思うほど急な下りでした。

DVC10036_070826.jpg

156号に出てすぐ発見したコーヒー屋さん(名前をど忘れ…検索したのだが、結構新しい店なのか見つからない)で休憩。

暑いのでアイスコーヒーをいただこうと思ったのだが、いいカップがいくつか並べられているのを見て、ホットに変更。もちろん、カップも選ばせていただきました。碧がきれいな、ウェッジウッドのランボーン。

あと、白川郷の写真集を見せていただいたり。。。


帰ってからは、毎度お世話になっているお気に入りの『どない屋』に。
区画整備が入るもん、営業は年内までとか言われて大ショック。
あと数ヶ月、もう2,3回行くしかないねっ!!
ってことで、みんな岐阜に遊びに来てください。飲みに行きませう。
20日、
発表の後は、飛騨川温泉を堪能してもらい、その後バーベキュー!!
おいしいお魚の刺身に、恒例ビワマスの燻製っ♪

さすが農学部?数戸から色々な食材が集まったもんです。ほんま感謝!!

いっぱい食べて、いっぱい飲んで楽しんでいただけたのでは?

で、よく21日は岐阜大学演習林内を散策。

DVC10030.jpg

当研究室が建てた観測用鉄塔に登ってもらったり…

DVC10036.jpg

と、

その後がしんどかったな。
小一時間で回れるだろうと思っていた『光と風の道』、下り口はササを掻き分け掻き分け…
思った以上にしんどかったわ。

ほんまは一度、下見ができたらよかったんだけどね。

最後下呂温泉でのぼせて、帰ってきたらばたんきゅー。
みんなもお疲れだったわ。
ほんと、お疲れ様でした!!
暑い日が続きますね。
夏といえばやっぱり海ですっ!!

ということで、久々に行楽日記です。


11日~12日にひさびさ登場、ささみのタヌキさんと遊びに行ってました。

DVC070812_00039.jpg

こんな海でね、ほぼプライベートビーチ状態っ!!
お盆連休のまっただ中だったのにねっ(^-^)

いやぁ、鳥羽まで足を延ばしたかいがありましたね。

この後、温泉に入って、蒸し料理のお店で舌鼓し…
いやぁ~大満足でした。

翌日も湯ノ山温泉すぐそばの蒼滝を見て癒されて、ほんといい休日やったしっ!!

DVC070812_00049.jpg

次回は岐阜でおもてなしいたしますよっ☆

copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。