燃える雑記置き場
随分とブログから遠ざかっておりまして、閉鎖も念頭に入れてはいますが…いくつかのメモは残しておきたいところなので、もうしばらくお目見汚しを。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| |
明日からもおそらく、「最近更新していないんですね」とのツッコミが来ること必須だと思われるので、こっそぉ~りと更新しておこう。

というか、明日からを無事に乗り越えられるのだろうか、俺…


メモ:
ベランダに置かれている鉢植えのコナラ、今日開葉していた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
更新してないですね~w
それはさておき、近所にブナの木があります。
秋なので実が落ちてます。
モジャモジャの殻から三角の実を出して、中身を確認しようとすると綿毛のついたペタンコの種が出てきます。
熊の冬眠用食料と聞いたことがあるのでもっと美味しい部分があるのかと思ったのですが、これはシイナなのでしょうか?
それとも、これが普通で発芽もするのですか?
2009/10/29
(木) 23:25:31 | URL | さー #-[ 編集]
>さーさん
>モジャモジャの殻から
→殻斗(かくと)と呼ばれています。

>三角の実を出して、中身を確認しようとすると
>綿毛のついたペタンコの種が出てきます。

おそらく、シイナの種子だと思われます。
固い殻というか種皮はあるけど、中身が空っぽもしくはミイラみたいな…という状態ですかね?
残念ながら発芽能力は無いです。

ブナは花が咲けば種皮は必ず作られますが、様々な原因によって中の種子が未発達になることがあります。このような種子をシイナと呼びますが、その原因は受精の欠如であったり、はたまた資源の不足か、正確なことは分かっていません。
また、地域によってこのシイナの種子が出来やすいということもあるようです。(特に孤立した南方の集団など)

充実堅果でしたら、もっと種子もふっくらとしていて、割るとシイの実のようなのがちゃんと入っていますよ~。
それは、食べられます!
うまいです!!
ちょっと炒ると、マジうまいです!!!
2009/10/30
(金) 18:03:48 | URL | 燃海 #fBVKm68U[ 編集]
なるほど~!
早速のお返事ありがとうございます。
やっぱりペタンコはシイナなのですね。
やっぱり美味しい充実堅果があるのですね!!ナッツ同様ですね!
食べてみたいです~!!!

銀杏やオリーブに雌雄があることは知っていましたが、ブナもあるのですね。
住宅街で一本しかないから受精できないのかな…。
車を出せばブナ林もあるのですが昨日から寒波で雪がちらついてしまい楽しく探す状況とは言い難いです。
また来年か…もっと早く訪ねれば良かった~。

ブナって南方にもあるんですか。
近親交配で繁殖能力が落ちるのは木も一緒なんだなぁ。
その場で何十年何百年と生き続けるほど立ち姿は立派になりますが動かない故のジレンマは避けられないものなのですねぇ。

博士!ありがとうございました!
2009/11/04
(水) 01:17:36 | URL | さー #-[ 編集]
>さーさん
ブナの場合ですと、一個体に雌花も雄花も両方とも付ける、雌雄同株であるといわれています。(イチョウやキュウイなどは雌雄異株)
でも個体によっては、雌花ばっかりつけるような雌的なもの、逆に雄花ばかりを多く付ける雄的な個体など、樹によってその性比は異なるようです。また、同一個体においても樹齢を重ねるにつれ、性比が変わってくるというお話も聞きますし…
何がこの雌花、雄花の割合を決めているのかは分かっていませんが、興味深い問題です。

また、雌花も雄花も両方持っている樹であっても、さーさんの言われるように、住宅地に一本だけといったように孤立した個体ですと、実をつけるのは難しいようですね。
これは、ブナが自家不和合性という性質を持っているからです。同じ個体からの花粉は受粉させても、全く(?)健全堅果は出来ません(出典は割愛)。

ちなみに、南限は鹿児島県の高隈山と言われています。
2009/11/08
(日) 15:42:59 | URL | 燃海 #NvA2GgUE[ 編集]
ほー
ブナって面白いんですね!
随分柔軟というか…

先日、ダメ元で美人林に行ってきたら少々拾ってくることができました。
樹齢が若いせいかあまり落ちてませんでしたが実が入っている確率は9割の好成績でした。
数十年後に涼やかな葉を茂らせるかと思うと食べるのがもったいないです。

雄花・雌花の割合を決めているのはなんでしょうね。
気になりますね。
2009/11/09
(月) 02:50:48 | URL | さー #-[ 編集]
>さーさん
ブナは何年かに一度(3年~5年であったり)と、隔年で開花しますよね。
種子の成りも、大きな豊凶が存在します。

大豊作の年には、クマやネズミなどの動物、昆虫たちにも、もちろん私たちがお酒のおつまみにするくらいじゃ食べきれほどの種がなりますので、そのときはさーさんも遠慮なく食べてしまいましょうっ♪

今立派な姿で立つ木々も、そういった食害?(笑)を、無事乗り越えてきたやつらなんでしょうね~。
我々の堅果採取も、一種の自然選択???
2009/11/16
(月) 19:10:27 | URL | 燃海 #LfSnBEJ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
→http://sunsetsea.blog16.fc2.com/tb.php/427-c8331a53
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃える雑記置き場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。